ATR RADIAL PLATINUM HP の特徴

(2018.11更新)

製品情報

 2018年11月、オートウェイからATR RADIAL「PLATINUM HP(プラチナム エイチピー)」が新たに発売されました。インドネシア製、コンフォート性能の特徴を謳いコンパクト、セダン、ミニバンなどを対象にするという。11月22日現在4サイズ展開、今後の拡大が期待されます。

スポーツコンフォート「PLATINUM」の進化?

 かつてスポーツコンフォートに「PLATINUM」をラインアップしていました。国内では2012年頃までだったかと‥(グローバルでは現在も展開中) トレッド面センターにブランド名が刻まれ、一見ショータイヤのような一面を備えていました。

 またトレッド面センターに2本、サイドに2本配される溝はやや太め、その効果によって「ATR SPORT」を踏襲したようなスパルタンさを印象付ける雰囲気もありました。スポーツ色を得、適度な最適化でコンフォート性能も両立した製品だったかと。

 で、今回の「PLATINUM HP」はハイパフォーマンス化、となるのでは。名称のHPはハイパフォーマンスでしょ。しかしながら、そこはコンフォートへの注力を高めより洗練されたことがアピールポイントのはず。従って静粛性と乗り心地、そう快適性のレベルアップが最大です。

 思い出したけれど、「PLATINUM」はサイドの柔らかさが少しばかりマイナスとなるシーンあったような。また既存ラインアップにはCORSA「2233」が並列されるも、発売から相応の年数経過で新鮮味に欠けます。

 認知を上げたATR RADIAL、その多くがスポーツへ傾倒します。この充実を他のカテゴリー、そうコンフォート系でも実現すべきです。一般化、いわゆる普及へは重要なことだと思います。

製品特徴

 専用コンパウンド、トレッドデザインは左右非対称パターンを採用します。ノイズを低減、快適性アップ、ハンドリング性能にも効果を発揮するという。また、ショルダーの強化でコーナリング時の安定性を確保、安心ドライブを謳います。

サイズ・購入

ATR RADIAL PLATINUM HP のインプレッション募集中です

タイヤインプレッション投稿