ROADSTONE CP672

ROADSTONE CP672 の特徴

  • カテゴリー:コンフォート
  • サイズ:13~18インチ
  • 扁平率:65~40%

タイヤ性能

 ROADSTONE「CP672(シーピー672)」はコンフォートカテゴリーへ括ります。UHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)を謳う Nシリーズとは一線を画し、HP(ハイ・パフォーマンス)として標準性能に裏打ちされた静粛性、快適性、デザイン性に拘ります。

CPシリーズ

 NEXEN 同様 ROADSTONE も、NシリーズをUHPに、CPシリーズはHPにポジショニングします。コンフォートとして高位のパフォーマンスは薄れるものの、カテゴリーの一躍を担う重要な位置付けです。

ベーシックコンフォート

 コンフォートの細分化はプレミアムコンフォート、スタンダードコンフォート、更にはベーシックコンフォートに区分けされます。ただベーシックコンフォートは下位のスタンダードへ流れる傾向にあり、現状プレミアムコンフォート、スタンダードコンフォートが一般的な括りになっています。

 しかし、プレミアムコンフォートは快適性の追求が最上級、その他の性能も標準以上の高レベルが要求されます。実現は正直アジアンタイヤでは厳しいと判断、設定を見送っています。

 その結果、スタンダードコンフォートが多数となり性能差はピンキリ、顕著です。そこでベーシックコンフォートに再度注目、スタンダードコンフォートと下位カテゴリーであるスタンダード間の穴埋めに。「CP672」は正にここ最適です。

パターンデザイン

 「CP672」は4本のストレートグルーブが特徴的。太い溝を2本とすることよりも4本での効率性を採用し、ハイドロの抑制、静粛性、そしてハンドリングの安定性を訴えます。またショルダーからサイドに掛けては ウイングタイプ エッジ グルーブ が形成され、耐熱効果を高めることで低燃費、そしてライフ性能など持続可能としています。

実性能への期待

 「CP672」は、コンフォートの特徴である繊細な溝によるブロック構成、その効果による先進的な印象に期待が集まるのでは。下位カテゴリーであるスタンダードの快適性に不満がある人は是非試して欲しい。

詳細情報・購入

(2017.12更新)

ROADSTONE CP672 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る