KUMHO WINTERCRAFT SUV WS61

KUMHO WINTERCRAFT SUV WS61 の特徴new

  • カテゴリー:SUV/4×4スタッドレス
  • サイズ:17~18インチ
  • 扁平率:65~50%

 タイヤ性能

kum_ws6101

 KUMHO「WINTERCRAFT SUV WS61(ウィンタークラフト エスユーブイ ダブルエス61)」は、KUMHO が放つグローバルスタッドレスブランド WINTERCRAFT のSUV専用タイヤです。2017年、満を持しての発売。

 ただ初年度となる今シーズンは17 ~ 18インチの5サイズのみなのがやや寂しいかな。

SUV専用技術

 「WINTERCRAFT SUV WS61」は、3Dサイプ、アラミドファインファイバーをトレッドゴムに配合した特殊繊維配合ゴムを採用。氷雪路に効く特殊技術に加えコンパウンドの配合を最適化させることで、より摩耗に強いゴムへと進化しています。

 また、縦溝と横溝の配置を最適化させたディレクショナル(方向性)パターンの採用により、冬性能と高剛性化の両立を実現。氷雪路だけでなくドライ・ウェット路でも、より安定した走りを可能にしているという。

従来品は I'ZEN RV KC15 になる

 KUMHO は、国内で乗用車用スタッドレスタイヤとして MARSHAL(マーシャル)を冠した「ICE KING」を発売、次いで I'ZEN(アイゼン)ブランドが続きます。同ブランドにはSUV用専用として「I'ZEN RV KC15」がラインアップされました。

 2014年にスタッドレスタイヤブランドは一新、新たな WINTERCRAFT を投入しました。この流れによって「WINTERCRAFT SUV WS61」の登場になった訳です。

国内専用は薄れる?

 日本の冬環境は欧米などとは異なり多彩な路面が出現します。厳しい走行に耐え得る製品主張は、やはり日本専用設計が響きます。しかし、WINTERCRAFT は敢えて新たな方向性へ臨みます。その意味、市場に対する冷静な見方が強まった、と言えるのかな。

 一方でグローバルブランドとしての世界共通を強調します。従来の半端な国内専用を謳うより明確な主張が果たせる、との判断では。

KUMHO の立ち位置

 中国企業への買収騒動など、KUMHO を取り巻く環境は必ずしも安定したものではありません。北米一辺倒の動きが要因のひとつかと。スタッドレスタイヤも WINTERCRAFT へ絞り込まれたの、国内市場への見方にプラスして実はそんな事情があってのことでは。

 しかしながら、夏タイヤとは異なるグローバルブランドのあり方に異なる興味を抱くのもありかな。「WINTERCRAFT SUV WS61」へはそこを興味として期待したい。

詳細情報・購入

(2017.11更新)

KUMHO WINTERCRAFT SUV WS61 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る