ZEETEX WH1000 の特徴

(2018.9更新)

製品情報

 ZEETEXのスタッドレスタイヤは今シーズンへ向けラインアップが一新しました。そのひとつ「WH1000(ダブリューエイチ1000)」は上位製品に位置付けられ、コンパクトからミドル、ミニバンまで対応します。

 主張点は、冬の厳しい条件でもグリップ力とハンドリング性能を発揮するトレッドデザインを採用。ジグザグとストレートで構成されたセンターブロック・リブは、雪上のトラクションとブレーキ性能を向上、安定した走行を可能にするという。

 昨シーズン既に導入が実現するもサイズが限定的でした。そして今シーズンは17-18インチにやや広がりを‥ でもまだ寂しい。製造は中国、インドネシア製もあるけれど夏タイヤのvfmシリーズなどメインは中国製に移行しつつあるような。その流れスタッドレスタイヤも同様かと。

 国内におけるZEETEXは相応の実績を誇ります。しかも当初の導入はスタッドレスタイヤ「S100」から。海外PBに対する信頼性へ懸念が示されましたが、徐々に価格面での優位性に変わります。

 そこから製品レベルは2世代の進化を果たしています。デザインは先進化しそれに伴う性能向上、特に雪路で一定の効きは相応のレベルに到達しているのでは。その分、追及はアイス路へ向けられます。更には低燃費、そして寿命へも。雪路同様に世代進化を実現しトータルで向上効果を感じてみたいものです。

 「WH1000」にはシリーズとしてSUV/4×4用がラインアップされます。トレッドデザインはほぼ同じ、開発コンセプトは1本化され最適化によって専用性を高めています。

製品特徴

 トレッドデザインは左右非対称パターンを採用します。IN側にはセンターからジグザグに構成される溝を配し、雪上での制動性能向上を図ります。OUT側ではショルダーブロックに セルフロック式3Dサイプ を刻み剛性強化を実現、氷雪での向上効果を狙います。

 センターにはストレート&シヌソイドサイプを組み合わせたセンターブロック・リブを採用、高速域でも安定した走りが得られるという。

詳細情報・購入

ZEETEX WH1000 のインプレッション募集中です