ATR SPORT2

ATR SPORT2 の特徴

  • カテゴリー:スポーツ
  • サイズ:15~22インチ
  • 扁平率:55~30%

タイヤ性能

stud

 「ATR SPORT2」は従来品である「ATR SPORT」の第2世代を謳うタイヤです。「2」となり世代進化はこうなる。直進安定性、ハンドリング性能、ウェット性能などトータル性能向上です。従ってこれまで以上の人気商品として期待されます。

 「ATR SPORT2」は D1用のタイヤとして供給実績を誇ります。D1 は市販タイヤに限定されており、ドリフト専用タイヤではありません。各メーカーはフラッグシップとなる先進のスポーツタイヤを供給し、激しいタイヤ戦争が繰り広げられています。

 マシンは1,000馬力オーバーも珍しくない。圧倒的なパワーによってハイグリップスポーツを使いこなします。タイヤはマシンコントロール性に大きな影響を与え、発せられる白煙の状況も審査では重要項目となっています。

 激しい戦いの中「ATR SPORT2」装着車は、国内の D1、アメリカの フォーミュラドリフト、そして フォーミュラドリフト アジア でシリーズチャンピオンを獲得するなど輝かしい成績を残しています。

進化したトレッド技術

 トレッド面は方向性のあるデザインが採用され、ウェットとドライで優れたトラクションを狙います。縦4本の幅広い溝はこれまで以上に効率的な排水性を実現し、ソリッドセンターリブ が直進安定性に大きく貢献します。

 インターロッキングトレッドブロック はコーナリングでのレスポンスを高め、dBサイレント・テクノロジー はスポーツタイヤながら静粛性を意識させるものです。また、ATR Gen.2 は第2世代を謳う先端技術、これらによりトータル性能向上への期待感を背負います。

 現在「ATR SPORT2」と「ATR SPORT」は併売です。その為に差別化が必要。「2」は進化、より爆発的なら「EVO」でもいい。しかし、実際は爆発的な位置付けではないんです。

 「ATR SPORT」はドライグリップの高さが特徴です。「2」もこれを踏襲、それ以上にレスポンス性能が注目されます。更に剛性強化やライフ向上も実現し、より扱いやすいタイヤとしての位置付けが進化の本筋かと。見た目の洗練さも得たことで、アジアンタイヤの中でもプレミアムスポーツを謳いたいところでは。

stud

競合するのはNANKANG「NS-20」か

 「ATR SPORT」に対してはNANKANG「NS-2」を対峙させたい。その理由はこうです。アジアンスポーツがより極めたドライグリップに傾倒するのが今の流れ。その中で、かつての正統派ピュアスポーツとして取り上げるのは「NS-2」です。同時に「ATR SPORT」へもその位置付けを強調したい。

 双方目指すのは高位に追求を果たすバランス性能では。スポーツに長けながらもトータル的な良さを目指します。その延長線上にあるのはプレミアムスポーツとなる。本来のピュアスポーツを謳うならNANKANG「AR-1」や「NS-2R」がそれになると思う。しかし、そこが拘りです。

 タイヤとしての基本姿勢に求めるのは、不器用さを残しつつも性能発揮に望む姿勢です。その匂いがするのは「ATR SPORT」でありNANKANG「NS-2」では。そしてここに器用さを搭載するのが「ATR SPORT2」とNANKANG「NS-20」です。結果、技術進化を実現しているけれどスポーツへの方向性が微妙に異なります。

 特に「ATR SPORT2」は洗練さを得たことでいわゆる角が取れた印象です。タイヤとしてはレベル向上を果たし扱い易い、一方で個性的な面白さは薄れているような。ここが難しいところです。

ATR SPORT2-リアルレポート

 3シーズンに渡りお伝えした渾身のレポートです。装着当初の印象は後に期待へと変貌します。一方でマイナス点も見逃さない。果たして耐えられるのか? 全16回+αで是非実態を確認して欲しい。

report

インプレッション

カンスケ さん
【購入年月】
2017年4月
【装着車種】
MR-S
【装着サイズ】
245-40R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 2
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】

相変わらず,WETは怖い!
ドライは,普段使い+山で遊ぶ分には申し分ない。
寿命はやや早いか?
静粛性・乗り心地は,車が硬い+うるさい のでわかりません(笑)

(2017/8/19)
ASrock さん
【購入年月】
2013年9月
【装着車種】
X-trail
【装着サイズ】
235/50R18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 3
  • 4
  • 4
  • 2
【インプレッション】

やや柔らかく、若干のふにゃふにゃ感がある。
やや深い水たまりでは、排水性に乏しく不安を感じる。
減りも速い。
前回履いていた presa PS55 に比べて、剛性、グリップ力が弱く、路面状況をステアリングに伝えてくれない。
価格を勘案すれば、5段階で3+である。
次回の購入を思案するレベルというべきかもしれない。

(2014/10/31)
WIND さん
【購入年月】
2014年2月
【装着車種】
AUDI A3 スポーツバック 2.0TFSI
【装着サイズ】
225/45R17XL
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 3
  • 2
  • 2
【インプレッション】

試しにNEXEN N8000と同時に購入して比較してみました。
N8000より圧倒的に剛性が高く、ゴム質も硬く、ガッチリしたタイヤです。国産だとファルケンZIEXが近いかな?
静かでソフトなN8000とは対極的な、純粋なスポーツタイヤです。ロードノイズは煩く、路面の凹凸も拾います。ハンドリングは抜群で、レスポンスが良くヨレ感も無いです。グリップは厳密なテストは出来ていませんが、意外にN8000の食付きが良かったので、思ったほどの差は無いように感じますが、こちらは意のままに操れるので安心してコーナーに侵入出来ます。(N8000は柔らかくて、ハードなコントロールは無理)
ライフは溝が浅くゴムも硬いので、おいしい時期は短いと思います。スポーツドライビングを存分に楽しんで、1年~2年で使い切る感じかな?
まあ、一般の人に奨めるならN8000の方が無難ですね。

(2014/2/17)

詳細情報・購入

(2017.8更新)

ATR SPORT2 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る