ECONOMIST ATR-K

ECONOMIST ATR-K の特徴

  • カテゴリー:スタンダード
  • サイズ:14~18インチ
  • 扁平率:65~35%

タイヤ性能

eco_atr_k

 ECONOMIST「ATR-K」はスタンダードにポジショニングされ、転がり抵抗を抑える貢献度の高いデザインを採用、しかも低価格という2つの面から経済性を訴えます。サイズ設定は軽カーからコンパクトカーが中心となるのでは。

 国内では ECONOMIST をブランド名に展開するも、グローバルでは「ATR-K ECONOMIST」となる。事情云々は置いておき「ATR-K SPORT」との関連はあるのでは。但し、方向付けは間逆ですので、軽カーからコンパクトカーというターゲットへの関連止まりでしょうけどね。

サイズ展開はどこを狙う?

 現在のサイズは、14 ~ 18インチ、65 ~ 35%扁平など。設定数だけならまぁまぁの展開です。ただ、よぉぉぉく見るとインチアップ対応、という捉え方になるのかな。軽カーに18インチどうよ? 乗り心地や走りを考慮すると個人的には純正サイズがいい、と思います。軽カーなら 165/55R15、155/65R14 あたりですかね。

トレッドパターン

 「ATR-K」のデザインで特徴的なのがセンターに配置される帯状のリブ形状です。細い2本のリブを組み合わせて対をなし更に2対形成され、それぞれエッジに規則的な刻みが入る珍しい形状です。効果として直進安定性を訴える、更にはウェットでの排水性向上にも貢献するのでは。

 ショルダーはスクエアー形状です。接地性への高まりからコーナーリング性能など期待したいところ。ブロック構成は大きめ、その点ではスムーズなハンドリング効果が得られそう。

 転がり抵抗低減は実際どれほどのものなのかは不明です。その本質を示すこと実はかなり難しく、期待感を込めた印象、と言うのが精一杯かな。

またもやインドネシア製への期待

 インドネシア製タイヤの積極展開が目立ちます。いずれもグリップ性能への訴えが強調され、多くはスポーツにポジショニングされています。その中で「ATR-K」はスタンダードとして投入されたのだから、狙いは意義あると感じています。

 街乗りでの快適性に得意性を示すその性能、カテゴリーへの貢献に十分耐えられるものです。コストパフォーマンスの高さから経済性への訴えも十分響くでしょう。タイヤの満足が高い、というのも納得出来そうです。

インプレッション

ゴリゾー さん
【購入年月】
2017年9月
【装着車種】
マツダ スクラムワゴン
【装着サイズ】
165/50R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 5
  • 3
  • 3
【インプレッション】

国産165/55R15低燃費タイヤからのインチアップです。
結果から申し上げて国内ラベリングが無いだけで、インチアップしたにも関わらず国産有名メーカーの低燃費タイヤより燃費が上がりました。乗り心地もしっかりとコシがあって悪く無いと思います。古いタイヤからの交換ではなく、今年新品購入した国産タイヤとの比較になりますので、間違いないと思います。
ただ荒れた路面では多少ノイズを感じますが、気にならない程度です。
ウエットグリップに難ありとの情報もありましたが、高速道路も含め常識の範囲内の速度であれば何ら問題ありません。
むしろ国産の低グレードタイヤよりグリップ、応答性、乗り心地等良いくらいに感じます。
バランスも私が購入した物に関しては4輪ともウエイト20g程度で済み、ブレもありませんでしたので、問題無いかと思います。
ブランドやメーカーにこだわりが無ければコストパフォーマンスはかなり良いです。
耐久性に関してはこれからになりますが、価格を考えれば2年持てば充分かと。
今では実績もありますので、度々名前が変わる中華タイヤより安心して使用できるのではないでしょうか。

(2017/9/18)

詳細情報・購入

(2017.9更新)

ECONOMIST ATR-K のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る