HIFLY Win-turi 212

HIFLY Win-turi 212 の特徴

  • カテゴリー:スタッドレス
  • サイズ:12~18インチ
  • 扁平率:70~40%

タイヤ性能

hi_win01

 HIFLY「Win-turi 212(ウイン ツゥリ 212)」は、中国製スタッドレスです。左右非対称パターンを採用し、先進性を目指すもそこは価格重視の製品であると受け止めます。

 HIFLY が国内導入を果たしたのは、まずスタッドレス「Win-turi 212」からでした。いずれも中国工場で生産し、北米、欧州など世界各国で販売されているグローバル製品です。

 日本へはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって供給され、日本輸入販売店となるのが オートウェイ です。

求めるのは価格

 中国製、求められるところは価格です。従って応えるその安さには驚く。夏タイヤでも言えることながら、価格追求による魅力の訴えはタイヤ選択における条件のひとつとして完全定着しています。

 そこに国産メーカー並みのトレッドデザインが実現されたらどうだろう。興味は得るだろうし、そこそこの性能評価なら魅力になるのでは。またサイズ展開は、12 ~ 18インチ、80 ~ 40%の設定で相当数に達します。これも好意的になるかな。

なぜ安い?
hi_win02

 最新高性能は、今やナノレベル(10億分の1)での素材や技術の先進さが一般化しています。

 要はトレッドゴムへの配合など目に見えない部分での素材技術進歩が凄いんです。これがアジアンスタッドレスと最も異なる点であり、結果価格差となっているのです。

 そんなで「Win-turi 212」へは、見た目となるトレッドデザインへ期待を高めることになりますね。それでも雪路性能は一定レベルまで期待可能。アジアンスタッドレスでもこの点は評価を得ているところ、と捉えます。

アイス性能は難しい

 但しアイス性能は厳しい。これ言い続けていること。ブロック構成や配置、全体デザインの最適化では雪路性能への期待があっても、アイス性能は限界が早く訪れます。またドライでの快適性、低燃費に関しても同様ですね。

 正直冬のヘビーな走行環境は難しいと考えます。が、比較的穏やかな条件による利用は評価もそこそこになるケースが見られます。ここに価値を見出したい。

インプレッション

長潟和郎 さん
【購入年月】
2017年9月
【装着車種】
ズキスプラッシュ
【装着サイズ】
195/55/R15
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

都会向けスタッドレス、東京23区・大阪市内その隣接市町村・九州福岡等での冬対策にどうかなという感じ。ドライ・ウエットはエコタイヤ風味ブルーアースと似ている、レボGZやアイスガードよりも普通に走る分は快適。

履き潰したレボGZはアウトな状態でどうせ換えるなら、ドライやウエットに強いタイヤが良い。

正直公用車ですら夏タイヤのまま走るクルマも居るから、「夏タイヤに近いスタッドレスが欲しい」と思い購入。

あり得ない位安いけどエコタイヤ的な性能はあるのが凄い。積雪がないので評価は出来なく普通にしてあります。

ドライとウエットは最強です。あり得ない位快適性能を持ち合わせています。

しかも1シーズンで捨ててしまっても構わないという恐ろしい性能と低コスト。オールシーズンタイヤとして使って、最後に夏タイヤにしてあとは捨ててまたこれを買うという手もあるかな?

豪雪地帯はナンカンのESSN1の方が良い、日本のブランドと大差ないです。

(2017/9/30)
よこ さん
【購入年月】
2013年12月
【装着車種】
エスティマ後輪駆動
【装着サイズ】
205/65R15
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 1
  • 2
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

2度目のインプレです。
その後、夏タイヤとして使いました。
はっきり言って、普通に使う夏タイヤとしては素晴らしいです。
とてもスタッドレスとは思えません。
特にウエット性能は最高です。ネオバ並と感じました。
高速安定性もスッタドレスとは思えないくらい良いです。普通の夏タイヤと変わらないと言っても良いレベルです。
ドライ路面も、真夏でも熱ダレを感じず普通に使えました。グリップがなく怖いという事もなかったです。
前回はドライ性能は3にしましたが、スタッドレスという事を考慮すると最高ランクなので5に変更しました。
雪道は、滑りやすい0度のアイスバーンでは使えなかったですが、滑りやすくない普通の雪道を、普通に運転する分には使えます。
1年に数回しか雪道を走らない人には、念のためチェーンを携行しておけば十分利用価値があると思います。
オールシーズンタイヤとして今後も使い続けたいのですが、なぜか現在使っているサイズの販売がなくなってしまいました。
205/65R15か、215/65R15の販売を切に願います。

(2016/8/27)
よこ さん
【購入年月】
2014年1月
【装着車種】
エスティマ後輪駆動
【装着サイズ】
205 65R15
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 1
  • 2
  • 3
  • 5
  • 5
【インプレッション】

1月2日に群馬県水上にスキーに行きました。
滑りにくい雪では使えますが、0度の滑りやすいアイスバーンでは、まったくグリップしません。
平たんに見えるわずかな上り坂でLSD付なのに発進できず、後ろに滑りながら横向きになって道路を塞いでしまいました。
購入後1年経過で9部山です。
滑りにくい雪質では使えますので、あまり雪が降らない地域での4WDの方のオールシーズンタイヤとしての利用価値はあると思います。
FRやFFの方は、やめたほうがいいです。

ただし、ウエット性能は抜群です。
レインタイヤと言っても過言ではないレベルです。
気温が高い季節の雨でもグリップ性能を発揮できるか、このまま1年履いて試してみるつもりです。

ストッドレスにしてはゴムが硬めなので、寿命は長そうです。
去年履いたナンカンや一昨年まで履いたブリザックより減らないです。

(2015/1/26)
ヨシモト さん
【購入年月】
2014年11月
【装着車種】
ベンツ230TE
【装着サイズ】
245/40
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
【インプレッション】

27年1月1日 車種 ベンツ230TE(後輪駆動)
北海道札幌より小樽入舟国道5号線往復走行(時速40~60キロ走行)
気温マイナス4度
札幌(ドライ路面(評価5)・ブラックアイス路面(評価3)
銭函(圧雪路面(評価5))
小樽入舟(圧雪路面(評価5)圧雪坂道発進・停止(評価4)
過酷な北海道路面ですが、正直合格点です
安全速度を守り アクセル・ブレーキの操作をしっかり気をつければ全く問題ありません

(2015/1/3)

詳細情報・購入

(2017.9更新)
                                    

HIFLY Win-turi 212 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る