MAXTREK(マックストレック)-アジアンタイヤ比較

MAXTREK(マックストレック)-アジアンタイヤ比較

maxtrek

 MAXTREK は マックストレック と読む。なんか格好いいんですけど、中国メーカーです。2006年に設立されたというので歴史は浅い。広東肇慶駿鴻実業有限公司 が企業名、そのブランドが MAXTREK(マックストレック)です。

 広東肇慶駿鴻実業有限公司 は2006年の設立、2007年10月から正式にタイヤ生産をスタートさせました。年間生産量は700万本を達成するレベルまで成長し、開発したタイヤパターンは20種以上、タイヤサイズは500種以上です。

 UHPタイヤ、ダートタイヤ、そして冬タイヤに至るまでのラインアップを形成しています。国内へは2012年設立の Sonny Rubber が日本支社として配置されています。国内への導入シリーズは次の通り。

 スポーツ「INGENS(インゲンス)」、コンフォート「MAXIMUS(マックシムス)」、コンフォート「FORTIS(フォルティス)」、スタンダード「SIERRA(シエラ)」、スタンダード「SU(エスユー)」、そして冬タイヤ「TREAK(トレック)」です。グローバルでは更なるシリーズ展開を確認する事が可能です。

 中国メーカーは、台湾や韓国とはワンランク性能差があるような。厳密に性能比較した訳ではありませんので、飽くまでもイメージ・・ それでも導入サイズの多さには好感を得ることが多い。利用価値を見出せればこれでもいいという選択には対応しやすい。

MAXTREKタイヤ性能比較

スポーツ

ドライ、ウェット双方で優れたグリップと操縦安定性を発揮
-オートウェイ-

高位のグリップ性能よりも静粛性や乗り心地などの快適性に標準性能を合わせた、トータルバランスに重きを置いた製品。対象車種も、軽カーからコンパクトカー、ミニバン、セダン、スポーツ、そしてSUVと幅が広い。

詳細は MAXTREK INGENS A1 の特徴 で確認を。

コンフォート

対象を高級車に向けコンフォートの高さを最大主張
-オートウェイ-

左右非対称パターンを採用し4本の縦溝構成、グリップ性能や高い排水性を強調。カーカスにダブルレイヤのスチールベルトとナイロンコードを採用するなど、重量あるボディーも剛性強化でカバーする。

詳細は MAXTREK MAXIMUS M1 の特徴 で確認を。
ファッション的な外観や独特のトレッドデザインでカスタムへの傾向を強める
-オートウェイ-

インチアップ等、見た目や格好良さを求める層への主張が響いて来る。より実用域での使用には「MAXIMUS M1」をまず検討したい。それを超えカスタムやより大型の装着を求めるなら「FORTIS T5」になるかと。

詳細は MAXTREK FORTIS T5 の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る