NANKANG ECO-2+(Plus)

NANKANG ECO-2+(Plus) の特徴

  • カテゴリー:コンフォートタイヤ
  • サイズ:12~19インチ
  • 扁平率:80~40%
  • エコタイヤ

タイヤ性能

 NANKANG「ECO-2+(Plus)」は、エコタイヤ「ECO-2」の進化です。コンフォートへの位置付けを踏襲し、快適性と省燃費への期待を背負います。エコタイヤながらドライグリップ性能とウェット性能へも拘ります。果たしてその性能やいかに?

トレッドは従来を踏襲か

 「ECO-2+」は、独自配合によるシリカをコンパウンドに配合しポリマーの連結を果たすことで、転がり抵抗低減に加えウェットグリップ向上も実現しています。発熱抑制効果が強化され、対極にあるウェットでも高度な性能向上が謳われます。

 トレッド面は従来品となる「ECO-2」からの踏襲が大きい。元々特徴的なデザインを採用しており、これによる効果を最大限受け入れた結果では。従来からの特徴はセンターリブの両サイドに配置されるブロック構造かと。複雑で変則的な複数ブロックを組み合わせた形状が、歪みを回避しエネルギーロスの低減へ貢献します。

たわみ抑制

 ショルダーへはたわみ抑制の為に剛性強化を施します。発熱抑制の拘りはここでも展開され、省燃費へはショルダーからトレッドへ向け連鎖的作用によっての実現を主張しています。

 またショルダーの横溝は偏磨耗を防止し、トラクション性能へ期待させるものです。全体構成では周方向の縦溝4本がウェットでの排水効率を向上させ、静粛性の向上にも拘っています。

従来品徒の違いは?

 正直一見では従来品「ECO-2」との違いが見えてきません。採用されたコンパウンドの配合性能に委ねられた結果では。そしてエコタイヤからの進化なら当然低燃費タイヤ化の実現か、と期待しますがそうではない。なら具体的な燃費効果は? ・・

 欧州規定は別として、飽くまでも「ECO-2」進化のエコタイヤの位置付けとなります。この点では NEXEN が既に低燃費タイヤ化を実現したことで、やや物足りなさを感じるところ。それでもエコ性能への期待を持ち続けたい。そうそう、サイズはグッと拡大し最新は40設定以上を実現します。

詳細情報・購入

(2017.1更新)

NANKANG ECO-2+(Plus) のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る