NANKANG SP-7

NANKANG SP-7 の特徴

  • カテゴリー:SUVタイヤ
  • サイズ:15~24インチ
  • 扁平率:70~30%

タイヤ性能

 NANKANG「SP-7」は、H/T(Highway Terrain)=高速走行対応 にポジショニングされるSUVタイヤです。ラインアップでは後発となり、既存の「SP-5」、「FT-4」との差別化は気になるところです。

 NANKANGの既存ラインアップでは、オンロード用SUVタイヤに対する差別化が必ずしも明確化しているとは言えません。それでも「N990」の影響下にあるのが「SP-7」と捉えれば、各々の役割が見えて来そうです。

 オンロード(プレミアム)性能を最も強調している「SP-7」、街中走行からスポーツまでをフォローするのは「SP-5」、同じ街中でもスタンダードへの趣は「FT-4」というイメージかと。分かりやすく拘りを序列して見ましょう。

オンロード 「SP-7」>「SP-5」>「FT-4」
スポーツ  「SP-5」>「SP-7」>「FT-4」
スタンダード 「FT-4」>「SP-5」>「SP-7」

 オンロード性能に優れた、いわゆるH/T(Highway Terrain)としての特徴を最大化しているのが「SP-7」。「SP-5」はスポーツを謳うも街中での走りにも得意性を発揮する。そして「FT-4」はオンロードのトータル性能重視を訴えるものの、これまでの役割はS/T(Street Terrain)止まりです。

 パターンデザインからは「SP-5」が最もスポーツ性に耐えられるイメージかと。対して「SP-7」と「FT-4」は静粛性とウェット性能を強調しています。この点が判断に迷います。

 それでも「SP-7」の国内導入サイズは大径化傾向、「N990」の継承となればフラッグシップとしてのポジショニングは確立したい。オンロード=コンフォートを強調し、ポジショニングでの優位性を獲得しています。

インプレッション

あっきーー さん
【購入年月】
2010年12月
【装着車種】
デリカD:5
【装着サイズ】
235/55R18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 3
  • 2
  • 5
【インプレッション】

デリカD:5のサマータイヤとして購入、タイヤハウスに余裕があったのとワイルドに見せたかったので1サイズアップで購入。
見た目は文句なしにワイルド。「単なるミニバンじゃないよ」というアピール効果は抜群。
ただロードノイズは煩いし燃費の悪化は顕著でした。
(1サイズアップというのを差し引いても)
乗り心地は固いですが、逆にフワフワ嫌いな家族からは不満は出ていません。
グリップはこの手の車の限界に対しては高いと思います。
一度峠の下りで中々のペースで走るインプSTIとレガシィについていきましたがグリップが破たんすることもなく3台で仲良く走ることができました。上りはあっという間において行かれましたけどね・・・。

(2016/2/25)

詳細情報・購入

(2016.2更新)

NANKANG SP-7 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る