RADAR(レーダー)-アジアンタイヤ比較

RADAR(レーダー)-アジアンタイヤ比較

radar

 RADAR(レーダー)タイヤは、シンガポールに本部を置く omni 社が運営するPBタイヤです。製造は中国、そしてインドネシアでも行われています。

 乗用車から商用車、バス、トラックまでラインナップされておりPBながらグローバル展開を謳い、製造技術も最先端の技術を用いて日本市場へのマッチングに自信を示しています。

 RADAR は静粛性への拘りを示し、極上さを感じさせるタイヤです。ラインアップではインドネシア製「VERENTI R6」、中国製「RZ500」がコンフォートタイヤとしてポジショニングされています。また「RPX800」は、スタンダードでは貴重な左右非対称パターンを採用しています。

 これまでのアジアンタイヤに見られた従来踏襲のデザインは払拭され、細部に拘る洗練された雰囲気を持つ製品です。いずれも静粛性への拘りが特徴となり、ポジショニングされるカテゴリー内での優秀さが響いてきます。

 アジアンタイヤの傾向としてスポーツタイヤへ拘るケースが多い。しかし RADAR は、飽くまでも静粛性が基本姿勢です。そこにバランスされた性能追求が主張点となりそう。PBタイヤとして価格へのアピールは十分魅力であり、ラインアップの拡充が進めばかなりいい感じでは。

RADARタイヤ性能比較

コンフォート

Dimaxシリーズの最新高性を謳う
-オートウェイ-

ラインアップでのポジションはUHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)、コンフォートに加えレスポンス性能の高さが主張点として添えられる。従来品は「Dimax R8」、そこからプラス進化で得たのは静粛性に耐摩耗性、そして低燃費。

詳細は RADAR Dimax R8+ の特徴 で確認を。
RADAR タイヤが送る最新コンフォートタイヤ
-オートウェイ-

RADAR が送る最新コンフォート。迅速なステアリングレスポンス、静かな乗り心地、そして快適性を実現する革新的な非対称トレッドパターンを採用。RADAR の既存ラインアップは製造が中国なのに対して「VERENTI R6」はインドネシア製。

詳細は RADAR VERENTI R6 の特徴 で確認を。
コンフォートスタンダードのフォローに長ける
-オートウェイ-

コンフォートスタンダードレベルのフォローに長けている「RZ500」と捉える。非対称トレッドパターンを採用し快適なドライビングを謳う。静粛性と乗り心地に関連付けられる快適性を最大特徴とするコンフォート内で個別の主張を果たす。

詳細は RADAR RZ500 の特徴 で確認を。

スタンダード

貴重な左右非対称パターンを採用。静粛性への期待高める
-オートウェイ-

スタンダードカテゴリーでは貴重な左右非対称パターンを採用。OUT側では主にコーナリング性能に対する貢献を高め、センターリブとの効果で高速安定性を謳う。また、IN側では排水効果を高め、ウェットでのグリップ性能を訴える。

詳細は RADAR RPX800 の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る