ZEETEX(ジーテックス)-アジアンタイヤ比較

ZEETEX(ジーテックス)-アジアンタイヤ比較

zeetex

 ZEETEX(ジーテックス)タイヤは、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーである ZAFCO のPBです。

 ZAFCO は1993年に設立され、800以上の顧客に対する自動車タイヤ、バッテリー、潤滑油の輸出入企業。UAE、米国、インド、ロシア、タイ、ブラジルに拠点を構え、85カ国以上に進出しています。

 タイヤの製造は中国、インドネシアなど。スポーツからスタンダード、そしてSUVまでラインアップしています。サイズ展開も比較的豊富。PBタイヤは世界的には珍しいものではありません。国内でも積極導入が果たされており、既に見慣れた展開です。

 ZEETEX の国内導入は、当初スタッドレスタイヤ「S100」からだったのでは。海外PBに対する信頼性へ懸念が示されましたが、受け入れが進むにつれ価格面での優位性に変わります。

 その後、ラインアップ拡大によりかなり充実した動きが見られます。ただ安定供給は難しい。現在はコンフォート、スタンダード中心に縮小しているのが寂しい。

 「HP1000」は、静粛性へ拘るコンフォートタイヤです。製造国インドネシアは期待を高めます。近年製造技術の進歩著しいインドネシア製、とっても気になる存在となるのでは。

 スタンダードは「ZT1000」が配置されます。標準性能を訴える正統派スタンダードとして過去評価テストの結果が公表され、高い性能を印象付けています。ZEETEX の日本国内ラインアップは、スタンダードとして「ZT101」、「ZT102」も投入された時期がありました。最新はカタログ落ちで「ZT1000」に集中します。

 スタンダードの充実が ZEETEX の特徴と捉えていたのは過去。「HP1000」を投入し更なるレベルアップに主張性を高めます。

ZEETEXタイヤ性能比較

コンフォート

vfm は既存製品を上回る上質さを強調する
-オートウェイ-

採用される左右非対称トレッドパターンは静粛性に優れ快適ドライブを演出。名称に添えられる vfm とは Value for Money のことかと。価格に対し最大の価値を提供する、という意味なので期待する。

詳細は ZEETEX HP2000 vfm の特徴 で確認を。
ZEETEX最新コンフォート。静粛性への拘りは興味深い
-オートウェイ-

注目するのはバランス追求が重要なコンフォートにおいて、非常に興味深いデザインなのは間違いない。静粛性への実現を感じたい。また製造国インドネシアなのも期待を高めるひとつ。近年製造技術の進歩著しいインドネシア製、とっても気になる存在となるのでは。

詳細は ZEETEX HP1000 の特徴 で確認を。
ZEETEX ZTシリーズのコンフォート。走りの安定性に注目
-オートウェイ-

コンフォート系はインドネシアの製造かと。同じコンフォートでも「HP1000」との差別化は走りの安定性に期待する。IN側ではウェットでの排水性向上と直進性を高め、OUT側ではシッカリしたコーナリング性能を実現する。

詳細は ZEETEX ZT2000 の特徴 で確認を。

スタンダード

ZEETEXブランドの標準性能を訴える正統派スタンダード
-オートウェイ-

ZEETEXブランドの標準性能を訴える最新タイヤ。グローバル商品として認知、更には評価を得、ボリューム展開への期待を背負う。スペインのイディアダ(IDIADA)試験場で評価テストを受け結果を公表している。

詳細は ZEETEX ZT1000 の特徴 で確認を。
▲TOPへ
▲TOPへ戻る