ブリヂストン PLAYZ RV PRV-1。タイヤの特徴について。

ブリヂストン PLAYZ RV PRV-1 の特徴

タイヤ性能

 ブリヂストン「PLAYZ RV PRV-1」は、「PLAYZ」の特徴である直進性の高さなど運転が楽になるコンセプトを踏襲した、ミニバン・1BOX専用タイヤです。ミニバン・1BOXはそのスタイルから、重心が高くふらつきやすいことで直進性を高次元で求めることは難しいのですが、その解消に期待を持たせるタイヤです。

タイヤテクノロジー

 ブリヂストン「PLAYZ RV PRV-1」は、非対称形状により路面との設置を安定させ、直進安定性と応答性、荒れた路面での車の安定性の実現を謳います。これは運転中のハンドルの操舵角の修正が少なくてすみ、車の横ぶれが少なくなるという。

 また、トレッドデザインは左右非対称パターンで、IN側はブロック剛性を高めD-スロットと呼ばれる加工を施し、偏磨耗を抑制し定員乗車時のふらつきにも大きく貢献。

 OUT側にはブロックを大きくし横方向への剛性を高めたショルダーブロックを採用、ダイレクトで剛性感のあるハンドリン グを実現。

 センターは太いリブと細いリブを組み合わせ。3Dトライアングルブロックと呼ばれる太いリブは、ブロックが3D形状に なって接地性を確保し操縦安定性の確保が図られているよう。

 コンパウンドはアクアパウダーと新LLカーボンにより高いウェット性能を可能にし、磨耗性能の確保にも貢献している。

 タイヤの転がり抵抗は従来品比較では3%低減が図られ、燃費への期待が持てそうです。

 「PLAYZ RV PRV-1」は「PLAYZ」でも実証されている通り、ハンドルの操舵角の修正は明らかに少なく感じるよう。日常の運転ではドライバーは無意識にハンドルの細かな修正を行っているそうですが、このタイヤはその行為が非常に少なくてすむ印象。極端な話し、横風に対しても荒れた路面でもハンドルの修正は必要最小限という。

 「PLAYZ RV PRV-1」は、運転する楽しさを持続させ、ミニバンでも快適そして軽快な走りを提供できるタイヤです。しかし、「PLAYZ RV PRV-1」は低燃費タイヤへの移行から縮小が進んでいます。今後は「PLAYZ RV ECOPIA」もしくは「ECOPIA PRV」へ。

ブリヂストン PLAYZ RV PRV-1 の詳細情報・購入

                                     
ページの上へ
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画.com
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!