ファルケン ESPIA EPZ F

ファルケン ESPIA EPZ F の特徴

  • カテゴリー:スタッドレスタイヤ
  • サイズ:12~17インチ
  • 扁平率:80~45%
  • 発売:2007年8月(ESPIA EPZ)
  • コンパウンド変更:2015年(ESPIA EPZ F)

タイヤ性能

 ファルケンのスタッドレスは2007年発売の「ESPIA EPZ」が唯一のラインアップ。アイスバーンでの氷上性能向上の為に、たまごから誕生した新素材 マイクロエッグシェル を配合したコンパウンドを使用し、アイスブレーキ距離は従来の「EP-03」と比較して5.3mも短縮され、アイス路面での安全性が謳われる、としたのが2014-2015年シーズンまで。2015-2016年シーズンから「ESPIA EPZ F」となっている。F とは? Fコンパウンドだそう。新製品のアナウンスも無くひっそりと進化を果たしました。

 消極性に驚いてばかりもいられない。ファルケンは、冬道を研究した結果「ESPIA EPZ F」を世に出しました。アイスバーンでの強力なブレーキ性能の向上、圧雪路やシャーベット路におけるグリップ力と操縦安定性能を高める、としている。

 で、テクノロジーはどうか。コンパウンド、そうFコンパウンドですね。触れたように、従来はアイス路面での引っかき素材として マイクロエッグシェル を採用。たまごの殻を細かく砕き、コンパウンドに配合したファルケンの独自素材でした。

 Fコンパウンドはこうなっている。高密度シリカと軟化剤を絶妙に配合、ゴム全体は剛く、接地面だけ柔らかくすることに成功。マクロレベルではブロック剛性を高め、ナノレベルでは柔軟性を高める。この結果、アイス路面でしっかり密着し強力な氷上ブレーキ性能を発揮するという。

 パターンは氷雪路での強さを発揮できる ダブルフェイスパターン を採用。こちらは従来通りです。クラウン(中央)とショルダーのランド比に明確な差をつけた ダブルフェイスパターン は、クラウンのランド比を大きくし接地面積を拡大し氷上ブレーキ性能を高めます。対してショルダーは縦・横のグルーブをワイド化、雪をしっかり噛み、排雪性をアップして雪上性能を高めます。

 サイプは山と谷の複雑な立体形状で形成した キャニオンサイプ を採用、これも従来通りです。ブロック内部のサイプが、山と谷の複雑な立体形状で形成されており、サイプに力がかかってもブロックがよれにくい形状で、氷雪路から雪のないドライ路面までその性能を維持します。

 見た目に大きな変化は感じない、ということでコンパウンドの変更に留まっているのでは。ただ性能を大きく左右するコンパウンドなので、最新になったことは期待が持てるに違いない、と思います。なおこの進化によってサイズも僅かに増えています。

インプレッション

B級マニア さん
【購入年月】
2009年以前12月
【装着車種】
アクセラスポーツ23S
【装着サイズ】
205-55R-16
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 2
  • 4
【インプレッション】

2007~2012年迄、6シーズン使用しましたが、氷上性能では及第点、
乾燥路面では、冬タイヤとしては安定しており、ロードノイズも
EP-03よりもかなり低減されている。先代のEP-03はとても高
性能で、滑って危険を感じた事は殆どなかったが、EPZでは、
シャーベットや湿った雪には弱く、横滑りしたが、価格から行けば、当時、BSで量販していたレボ2の40~45%安く購入出来た
ので、性能で差し引きしても、コスパに優れた製品のひとつでし
た。BSを履いていても滑る時は滑ります。現在はYHのIG30
プラスを履いていますが、氷上性能重視なのか乾燥路面のグリップはいまいちです。新製品のEPZFはコンパウンドが違うらしいですが、どの程度良くなっているのでしょうかね?
もしファルケンユーザーで購入した人がいましたら、感想を何方
か教えて下さい。私はファルケンの冬タイヤを3回続けて買い換えた者です。最高でミラーバージョンを7シーズン使用しましたが、流石に最後の年は効きが悪かったのを覚えています。

(2015/12/6)

詳細情報・購入

(2016.8更新)

ファルケン ESPIA EPZ F のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る