グッドイヤー WRANGLER AT/S

グッドイヤー WRANGLER AT/S の特徴

  • カテゴリー:4×4タイヤ(A/T)
  • サイズ:15~16インチ
  • 扁平率:80~70%
  • 発売:

タイヤ性能

 グッドイヤー「WRANGLER AT/S」は、オン・オフ対応のオールラウンドタイヤです。特徴的なパターンデザインを持ち、路面に左右されない走行性能が謳われています。

 「WRANGLER AT/S」の特徴は、何といっても幅広の2本の縦溝です。排水性をより向上させる効果、オフロードでの排泥性、そしてトラクション効果を大いに期待させます。ヘビーウェットでのハイドロ効果や、オフロードでのエッジ効果もあるでしょうね。ただ接地面積という点ではやや過小になり、実際のサイズより接地面積は少なくなりそう、という印象を抱かせます。

 7,800ものエッジは、オフロードでの路面への喰い込みやグリップ効果に貢献し、安定性の向上を強調しています。一方オンロード性能は、オンロード用の「WRANGLER HP」に準ずる快適性と高度なハンドリングも主張し、オン・オフ双方での快適走行実現が訴えられていることになります。

 乗り心地に関して一般的なA/Tタイヤは硬い、という印象強いのですが、そのイメージを十分解消できそうな期待が持たれます。タイヤの突き上げ感少なく、段差越えでも違和感は少ないという。

 ハンドリングはレスポンスがやや鈍いのでは。これトレッド面ブロックのよれが大きいという判断からのよう。オンロードでは専用のH/TやS/Tには当然及ばない。それでもコーナリングの安定性は十分であり、サイドウォールの剛性に対する印象は決して悪くない。

 「WRANGLER AT/S」は、タイヤ性格からオールラウンドでの安全性と快適性を主張します。トータル性能というか、オン・オフの両立は高度に実現されており、選択肢の一つとして十分検討されるべきかと。

詳細情報・購入

(2016.3更新)

グッドイヤー WRANGLER AT/S のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る