グッドイヤー WRANGLER AT/S

グッドイヤー WRANGLER AT/S の特徴

  • カテゴリー:4×4タイヤ(A/T)
  • サイズ:15~16インチ
  • 扁平率:80~70%
  • 発売:

タイヤ性能

 グッドイヤー「WRANGLER AT/S(ラングラー エーティーエス)」は、オン・オフ対応のオールラウンドタイヤです。特徴的なパターンデザインを持ち、路面に左右されない走行性能が謳われます。

オン・オフ双方での快適

 「WRANGLER AT/S」の特徴は、何といっても幅広の2本の縦溝です。排水性をより向上させる効果、オフロードでの排泥性、そしてトラクション効果を大いに期待させます。ヘビーウェットでのハイドロ効果や、オフロードでのエッジ効果もあるでしょうね。

 7,800ものエッジは、オフロード路面で喰い込みやグリップ効果に貢献し、安定性の向上を強調します。一方オンロード性能は、オンロード用の「WRANGLER HP」に準ずる快適性と高度なハンドリングを主張しており、オン・オフ双方での快適走行実現が訴えられていることになります。

突き上げが感少ない

 乗り心地に関して一般的なA/Tタイヤは硬い、という印象強いのですが、そのイメージを十分解消できそうな期待が持たれます。タイヤの突き上げ感が少なく、段差越えでも違和感は少ないという。

ハンドリングは?

 ハンドリングはレスポンスがやや鈍いのでは。これトレッド面ブロックのよれが大きいという判断から。オンロードでは専用の H/T や S/T には当然及ばない。それでもコーナリングでは比較的安定しているというし、サイドウォールの剛性に対する印象は悪くない。

 「WRANGLER AT/S」は、性格からオールラウンドでの安全性と快適性を主張します。トータル性能というか、オン・オフの両立は高度に実現され、選択肢の一つとして十分検討されるべきかと。

インプレッション

MASATO さん
【購入年月】
2012年4月
【装着車種】
日産エクストレイルNT30
【装着サイズ】
215/70R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 3
  • 5
  • 3
  • 5
【インプレッション】

ドライでのグリップは、普通だと思います。
WETでは、大雨で高速50k/h規制の雨で
100km/hで水に浮いている感覚がつきまといます。
乗り心地はすこぶる良いです。
音はSTよりはうるさい。
寿命は5万キロで5分山(AT限界)ぐらいです。
AT性能を求めないなら8万キロぐらいは大丈夫だと思います。
スタッドレスから履き替えたとき、
4年でトレッド面のゴムが少し剥がれましたが、
シーズン中は劣化進行はありませんでした。
減り方は、2万キロ程度までは、減りにくいタイヤだと
思って見てましたが、3万キロぐらいから、
急速に減り始めた印象です。
浅雪、残雪の固まった雪、溶けかけているシャーベット雪では
全く問題ありません。むしろスタッドレスより優れてます。
アイスバーンやミラーバーン、圧雪路面はNG。
オフロードは未舗装林道、砂浜を走るぐらいなら
問題ありません。

(2017/3/8)

詳細情報・購入

(2017.3更新)

グッドイヤー WRANGLER AT/S のインプレッション募集中です

タイヤ情報
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る