ミニバンタイヤカテゴリー

ミニバンタイヤカテゴリー

minivan

 ミニバンや1BOXは車重があり、また車そのものの重心が高い為に、コーナーリングや高速走行の車線変更時などにふらつきやすい特性があります。その為タイヤは片減りや偏磨耗がしやすいなど、負担が大きいマイナスも背負います。

 そこでタイヤメーカーが注目したのはミニバンや1BOX専用のタイヤです。専用タイヤとすることで、これまでとは異なり走りの安定性が保て、快適性への期待も高まります。

 最近では、ミニバンカテゴリーの中でも静粛性と乗り心地を両立した コンフォート性能、より上質の快適性を追求した プレミアム性能、高速走行やハンドリングを追及した スポーツ性能、そして転がり抵抗の低減や素材の工夫が見られる 低燃費性能 などに対応する製品も見られ、ラインアップの拡充が進んでいます。

ミニバンタイヤの特徴

 ミニバンや1BOXの車種特性から、専用タイヤは外側と内側のショルダー面の強度やパターンを変えることにより、車をシッカリ支えながらも強いグリップ力と快適な乗り心地を実現します。

 当初発売された専用タイヤは、ミニバンの重い車重を補う為に硬く頑丈なタイヤ設計がなされていました。その為にふらつきや片減りは抑えられても、静粛性や乗り心地はある程度犠牲になっていたのです。

 しかし、トーヨーのミニバン専用である TRANPATH の人気を各タイヤメーカーが捉えると、開発競争が一気に進みます。静粛性や乗り心地を高度に実現した新たなミニバンタイヤが発売され、今やタイヤカテゴリーでは重要な位置を占めるようになっています。

ミニバンタイヤ性能比較

 ミニバンカテゴリーは後発ながら、市場でのミニバン人気によって需要の安定化が図られています。専用タイヤの重要さは認知され、低燃費タイヤの出現でもその状況は変わりません。ただこれ国内メーカー中心の展開です。

 このカテゴリーにもラベリング制度での転がり抵抗係数「AAA」が投入され、高位のタイヤとして位置付けされるのは他カテゴリー同様の展開です。実はこれが第1世代の特徴でした。

 そして現在第2世代に入り状況には変化が見られます。グレーディングの追求は、必ずしも最高位となる転がり抵抗係数「AAA」や、ウェットグリップ性能「a」を目指す訳ではない、ということ。

 タイヤの目指す方向付けによりバランス性能が見直され、追求項目として重要視される動きが復活したんです。プレミアムミニバンであってもグレーディング最高位は実現していない。というよりも、これだけなら見劣りさえも感じるほど。

 ラベリング制度の転がり抵抗係数最高位「AAA」を実現した第1世代が終焉となり、第2世代はカテゴリーの性能特性を優先します。

詳細は、ミニバンタイヤ性能比較表 で確認を。
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る