スポーツコンフォートタイヤカテゴリー

スポーツコンフォートタイヤカテゴリー

sport-c

 スポーツコンフォートタイヤは、スポーツタイヤの運動性とコンフォートタイヤの快適性を併せ持つタイヤです。程よい乗り心地と静粛性を示しながらも、しっかりとした走りを印象付けることで高性能タイヤとしてのポジショニングを得ています。

 性能追求ではタイヤの特徴が2方向から感じ取れます。ひとつはスポーツの影響をより大きく受けていることで運動性能を主体とし、快適性は控えめを示すタイプ。もう一方は、快適性を主体としながらも走りへの期待が持てるタイプです。

 運動性能を主体とするタイプは、元々はスポーツカテゴリー配置であったものが多いかと。しかし、最新タイヤの出現やブランド転換などにより、スポーツコンフォートへのスイッチで新たな存在価値を見出したなど。

 一方快適性を主体とするタイプは、コンフォートやプレミアムコンフォートの要件を得ているものの、より走りへの差別化を図ったことでその主張が特徴として示されたなど。

 スポーツコンフォートは、ひとつのカテゴリーながら幅広いタイヤ性能を受け入れる括りでもあります。その分やや性能への曖昧さが気になりますが、いずれも高性能としてのレベルは十分です。

スポーツコンフォートタイヤのターゲット

 スポーツコンフォートの特徴は、走りと快適性です。従ってそのターゲット層は、運動性能に誇る車種ながら使用は街中メインという場合も多い。

 ギンギンのスポーツタイヤは必要ないながらも、そこそこの性能は求めたい。それでいて日常の移動手段でもある為に、快適さも最小限必要。また、静粛性や乗り心地の良さを求めるものの、高速走行などでの安定した走りも譲れない。

 ドライバーの運転への興味と同乗者への快適性が同時に求められる場合も、スポーツコンフォートの装着が推奨されます。従って、ミニバンや1BOXへの装着も想定されます。メーカーによりミニバンカテゴリーの設定が無い場合、スポーツコンフォートの装着でも代用可能では。

 しかし、ミニバン専用は車種特性に対応しており、ふらつきや片減り、偏磨耗に対応します。安定性と快適性、そして安全性に長けておりやはりそこは拘れば専用性が理想です。

スポーツコンフォートタイヤ性能比較

 現状はやはり低燃費タイヤへの拘りについて触れる必要がありそうです。コンフォートは低燃費タイヤのメインカテゴリーとなっています。一方スポーツには投入の厳しさが感じられます。

 よってスポーツコンフォートでも、コンフォート色が強い製品は既に投入を果たすも、スポーツ色に傾向すれば難しい、というように、カテゴリー内での製品差が大きい。但し、この差が拡大されるのは理想とはしません。スポーツコンフォートの充実は、今後の低燃費タイヤのあり方次第かと。既に2世代目に突入しそこには変化が見られますから。

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る