トーヨー OPEN COUNTRY U/T の特徴new

  • カテゴリー:SUV
  • サイズ:16~19インチ
  • 扁平率:70~55%
  • 発売:2018年4月
(2018.4更新)

製品情報

ty_open-ut01

 トーヨー「OPEN COUNTRY U/T(オープンカントリー ユーティー)」は、静かで快適な都市型オンロード向けSUV用を謳います。名称の「U/T」はUrban Terrainの略だという。Urban=都市、Terrain=地形 となるので新たな都市型仕様のSUV専用タイヤという訳です。

 Urban Terrainという新たな括り、要はオンロード用なので従来のH/T=Highway Terrainの位置付けと思うけれど、都市型を強調するならS/T=Street Terrainも想定されます。更にS/TにはSport Terrainもあるけれど、こちらじゃなさそう。H/TとS/Tの性能を高次元で併せ持つのがU/Tと括りましょ。

 また「M+S」表示を刻印し、全天候対応を可能としている点も注目では。ただ、これだと低燃費タイヤにはなりません。SUVへも低燃費タイヤへ、の流れがあるけれどそれには敢えて拘らずカテゴリー性能を優先した結果かと。

OPEN COUNTRYシリーズ

 OPEN COUNTRYシリーズは北米で絶大な人気を誇ります。シリーズはオフロードに傾倒しているイメージがあるも、オンロードだって見劣り感はありません。今回、国内でも一連のラインアップが完成し、これまで委ねてきたTRANPATHシリーズによるSUV対応はフェードアウトになるのでは。ただ「PROXES T1 Sport SUV」と「PROXES CF2 SUV」はこれまで通りです。

ty_open-ut02

先進技術

 パターンには サイレントウォール、5バリアブルピッチ などの技術を採用し、日本市場で重視されるオンロードの静粛性と快適な乗り心地を確保しているよう。

 構造はサイドを強化、ハンドリングとコーナリングに対する安定性を実現します。コンパウンドには、スペシャルシリカコンパウンド を用い、ウェット性能と転がり抵抗低減を高次元で両立、耐摩耗性能をも強調します。

 初期サイズは、16~19インチ、70~55扁平までの10サイズとやや寂しい。20インチを超えるプレミアムを対象にした製品が増える中、取り敢えずはミドルクラスを狙いましょ、というところかな。いずれ拡大は果たすものと思います。

詳細情報・購入

トーヨー OPEN COUNTRY U/T のインプレッション募集中です