エコタイヤ性能比較表-ダンロップ

エコタイヤ性能比較表-ダンロップ

 住友ゴムのエコタイヤ戦略の中心は当然ダンロップです。その方針は、2013年には 100%石油外天然資源タイヤ を、2015年には 50%転がり抵抗低減タイヤ を発売する、です。

 その通り2013年11月には、石油や石炭などの化石資源を全く使用しない100%石油外天然資源タイヤ「エナセーブ 100」が、2014年9月には50%転がり抵抗低減タイヤ「エナセーブ NEXE」が発売されました。

 同社のエコタイヤラインアップは、VEURO、LE MANS、エナセーブです。そして低燃費タイヤへの対応では、エナセーブ ブランドが一層の強化を果たします。コンフォート、ミニバン、スタンダードの各カテゴリーで充実展開を図ります。

 そして遅れていた低燃費タイヤの最高グレーディング「AAA/a」は、「エナセーブ NEXE」で達成し、ようやくブリヂストン、ヨコハマ、トーヨーと同列になりました。これにより「エナセーブ NEXE」が エナセーブ のフラッグシップとして位置付けられています。

 しかし、普及への役割を担うのは エナセーブ の底上げとして注目される、スタンダード「エナセーブ EC203」。更にミニバン専用「エナセーブ RV504」では。また「LE MANS4」も加わり、ボリューム拡大を図ります。特に「LE MANS4」は一部サイズについて、ラベリング制度の転がり抵抗係数を「A」から「AA」に引き上げられ、設定サイズも90とは凄い。

ダンロップラインアップ

プレミアムコンフォート

「VEURO VE302」の後継。特殊吸音スポンジ搭載の進化
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

特殊吸音スポンジ搭載「VEURO VE302」の進化が「VEURO VE303」。低燃費タイヤ化の実現、そして耐磨耗性と静粛性への大きな伸びが今回の最大の特徴かも。更なるプレミアム性能を感じる。

詳細は ダンロップ VEURO VE303 の特徴 で確認を。

コンフォート

ダンロップ初の「AAA/a」達成。50%転がり抵抗低減タイヤ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「AAA/c」である「エナセーブ PREMIUM」から10%の低減、ウェットブレーキ性能は10%の向上。2008年から開発を開始し、2013年の東京モーターショーでプロトタイプとして公開された。4D NANO DESIGN による開発技術を誇る。

「PREMIUM」が冠された エナセーブ 初の「AAA」達成
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「エナセーブ NEXT」の誕生まで低燃費タイヤのフラッグシップを務める。ナノレベルの材料開発技術により誕生した新低燃費ゴムが、低燃費性能とウェット性能を両立。従来品に対し転がり抵抗を約39%低減、燃費は約6%の向上。

特殊吸音スポンジ搭載の低燃費タイヤ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「LE MANS LM703」の後継。これに比較して、車内静粛性計測値は13%低減、転がり抵抗28%低減、燃費3.8%向上、ウェットブレーキ性能9%の向上を謳う。その中でも特に静粛性の拘りを強く訴える。

詳細は ダンロップ LE MANS4 の特徴 で確認を。

ミニバン

エナセーブ第2世代を強調。転がり抵抗係数を「A」から「AA」へ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

従来のウェット性能は確保しながらも不要な発熱の抑制に拘り、転がり抵抗の高レベル化を実現。4D NANO DESIGN により開発した 新シリカ用変性ポリマー をトレッド部に採用。ポリマーの発熱を抑制し従来品比較で13%も低減。

スタンダード

「エナセーブ EC202」の後継。エナセーブ第2世代に突入
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「エナセーブ EC202」の後継として、耐磨耗性能がスタンダードパターン(5リブ)で9%、軽・コンパクトカー専用パターン(4リブ)で17%向上を訴える。転がり抵抗係数「AA」、ウェットグリップ性能「c」を達成。

幅広いユーザーをターゲットにするスタンダードタイプのエコタイヤ
-楽天市場--
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

実質「DIGI-TYRE ECO EC201」の後継。同社のエコタイヤ(低燃費タイヤ)ブランド「エナセーブ」を冠することで、その追求、そしてタイヤそのものの付加価値を増幅させることで、装着に関するターゲット層の拡大を訴える。

▲TOPへ
▲TOPへ戻る