エコタイヤ性能比較表-トーヨー

エコタイヤ性能比較表-トーヨー

eco_ty

 トーヨーは、ミニバン専用に見られる個性的製品の得意なメーカーです。エコタイヤ当初こそやや後発的イメージが持たれていたものの、最新の展開では積極性を強めています。

 NANOENERGY の投入は、新たなブランドとして日本国内はもとより欧州など世界市場も強く意識されています。「NANOENERGY 1」、「NANOENERGY 2」、「NANOENERGY 3」と投入し、「NANOENERGY 0」ではとうとう最高グレーディング「AAA/a」を達成しました。

 また2014年に全面進化したミニバン専用 TRANPATHシリーズは、スタンダードの「TRANPATH mpZ」、ラグジュアリーミニバンに対応する「TRANPATH LuⅡ」、そして軽カーのハイト系専用「TRANPATH LuK」などいずれも注目しています。

 低燃費タイヤへの進化が遅れていたプレミアムコンフォート「PROXES C1S」は「PROXES C1S SPEC-a 」として登場。更に2012年春から欧州で先行販売されていた「PROXES CF2」も導入され、商品ラインアップ拡充を図ります。また「PROXES CF2 SUV」はSUV用として同社初の全サイズ低燃費タイヤを謳います。

 2016年は「NANOENERGY 3 PLUS」が登場しました。ラベリング制度の転がり抵抗係数「A」を維持しながらも、ウェットグリップ性能を従来の「c」から「b」にグレードアップしたことが強調されています。これにより「NANOENERGY 1」はフェードアウトです。また、TRANPATHシリーズとしてミドルクラスの上級ミニバンをターゲットにした「TRANPATH ML」も投入されています。

 そして2017年、ラインアップは従来を踏襲し熟成の年を迎えています。

(2017.5更新)

トーヨーラインアップ

プレミアムコンフォート

「PROXES CIS」待望の低燃費タイヤ化。ウェットグリップの向上
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

高い静粛性と上質な乗り心地、高速走行時の優れた安定性を踏襲しながらも、Nano Balance Technology を駆使し「A/a」を実現している。フラッグシップ PROXES シリーズとして、真のプレミアムに耐え得るタイヤが登場した。

コンフォート

NANOENERGYシリーズフラッグシップ。「AAA/a」達成
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「NANOENERGY 0」はラベリング制度での転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」を達成した低燃費タイヤ。ブランド展開では「NANOENERGY 0」を筆頭に高位の低燃費タイヤのラインアップが実現している。

詳細は トーヨー NANOENERGY 0 の特徴 で確認を。
NANOENERGYシリーズ第二弾。耐磨耗性向上でタイヤ長持ち
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

第一弾の「NANOENERGY 1」に比べ耐磨耗性能向上を謳う。HVやEVで装着されているサイズを中心にサイズラインアップされ、より幅広い車種に転がり抵抗係数の最高グレード「AAA」を提供できることが強調されている。

詳細は トーヨー NANOENERGY 2 の特徴 で確認を。
欧州先行販売、日本導入により低燃費タイヤラインアップ充実を図る
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」を達成した低燃費タイヤ。国内では輸入車向けと添えられるも、コンフォートタイヤへのポジションがフィットする。SUV/4×4用「CF2 SUV/4×4」も同時展開される。

詳細は トーヨー PROXES CF2 の特徴 で確認を。

ミニバン

ミドルクラスミニバンの上級グレードを新たなターゲートにする
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

車種としてのミニバンは高級感を演出するミドルクラスミニバンの上級グレードが人気。このセグメントを一つの新カテゴリーとして捉えたという。基本踏襲は「TRANPATH mpZ」ながら転がり抵抗8%の向上を示す。

詳細は トーヨー TRANPATH ML の特徴 で確認を。
TRANPATHシリーズ6代目、低燃費と安定性が更に進化
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「TRANPATH mpF」の後継となり6代目のミニバン専用タイヤ。左右非対称3本溝パターンとワイドトレッドを採用、接地面積拡大により磨耗ライフに対応。3Dマルチサイプとアウト側リブを広くとり剛性を高め偏磨耗を抑制。

詳細は トーヨー TRANPATH mpZ の特徴 で確認を。
「TRANPATH Lu」の後継。待望の低燃費タイヤ化
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「TRANPATH LuⅡ」への進化では、最上級の静粛性と快適性を備え、ラグジュアリーミニバンにふさわしい上質な移動空間の提供。待望の低燃費タイヤ化を実現、転がり抵抗係数は「A」、ウェットグリップ性能は「b」。

詳細は トーヨー TRANPATH LuⅡ の特徴 で確認を。
TRANPATHシリーズに加わった軽カーハイト系タイヤ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

軽カーは ハイト系 と呼ばれる背の高いタイプが人気。これらは横からの影響を受けやすくフラつきや偏摩耗が懸念される。「LuⅡ」の静粛性と上質な乗り心地を持ち合わせ、軽カーハイト系のフラつきや偏摩耗に対応する。

詳細は トーヨー TRANPATH LuK の特徴 で確認を。

スタンダード

「NANOENERGY 3」のウェット性能が進化
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

トーヨーもプラス進化を果たす。コンパウンド系の新採用により、「NANOENERGY 3 PLUS」は転がり抵抗係数「A」を維持しながらも、ウェットグリップ性能を従来の「c」から「b」にグレードアップしている。

NENOENERGYシリーズのスタンダード低燃費タイヤ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

NENOENERGY はトレッドコンパウンドにナノレベルでゴムの材料開発を制御する技術 Nano Balance Technology を駆使したタイヤ。「NANOENERGY 3」においてもこの継承が特徴となる。

詳細は トーヨー NANOENERGY 3 の特徴 で確認を。

SUV

SUVタイヤとして低燃費タイヤ実現。優れた低燃費性能に注目
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

ラベリング制度での転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」を達成。剛性を強化しながらも熱伝導の抑制により、SUV低燃費タイヤとして優れた性能を発揮する。PROXES CF2シリーズとしての展開は期待が大きい。

詳細は トーヨー PROXES CF2 SUV の特徴 で確認を。
タイヤ情報
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る