エコタイヤ性能比較表-ヨコハマ

エコタイヤ性能比較-ヨコハマ

eco_yh

 ヨコハマは国内メーカーの中でいち早くエコに着目、1998年の発売以来常に進化を遂げその中心が DNA でした。そして DNA は、低燃費タイヤのグローバルコンセプト BluEarth ブランドへスイッチ、その後の集中投入を果たします。

 BluEarth は、コンフォート、ミニバン、スタンダードの各カテゴリーで展開されます。「AAA/a」となる最高グレーディングを達成した「BluEarth-1 EF20」は、フラッグシップに位置付けられます。また過去の人気商品「DNA Earth-1」の後継には「BluEarth-A」が出現、圧倒的なフォロー範囲を誇ります。

 ヨコハマにとって第2世代を印象付けるのは、スタンダードカテゴリー内で「AAA/c」を搭載する「BluEarth AE-01F」と、「A/c」を搭載する「ECOS ES31」を同時展開していること。また「BluEarth RV-01」の後継として、正常進化した「BluEarth RV-02」は「A/b」によるプレミアムミニバンを謳います。更にスポーツ低燃費タイヤを謳う「ADVAN FLEVA V701」にも注目しないと。

 グレーディング追求はそこそこに、優先するカテゴリー性能はここでも追求が進みます。そして第3世代となる2017年は新製品としての話題がないのは寂しい。しかし、従来となる製品のサイズ展開も地味に広がっており更なる認知が進みます。正に熟成の極みでは。

(2017.5更新)

ヨコハマラインアップ

スポーツ

スポーツタイヤとして新たなポジショニングを提唱する
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

転がり抵抗低減によるスポーツ低燃費タイヤを謳う。素直な操作性、高いウェット性能、そして静粛性に優れる。街中での快適性とスポーツ性能に対する要求を底辺から支える懐の広いタイヤ性能を備える。

詳細は ヨコハマ ADVAN FLEVA V701 の特徴 で確認を。

プレミアムコンフォート

ADVAN ブランドの快適性が最大の特徴
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

静粛性にプラスされた快適性と運動性能の向上。従来品「DNA dB ES501」の後継ではあるが、プレミアムセダンなどを対象に運転性能をも向上させることで、新しい ADVAN ブランドの構築を図る。

詳細は ヨコハマ ADVAN dB の特徴 で確認を。

コンフォート

転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」の最高ランク
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

BluEarthシリーズのフラッグシップとしてポジショニングされ、転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」の最高グレードを達成。「AAA」の低燃費性能を損なうことなく、ウェットグリップ性能を大幅に向上。

詳細は ヨコハマ BluEarth-1 EF20 の特徴 で確認を。
コンパクトカーから高級セダンまで対応「DNA Earth-1」の後継
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」から、優れたトータルバランスを損なうことなくウェットグリップ性能「a」を達成。雨の日にもさらにしっかり走れる低燃費タイヤ としてグレードアップしている。

詳細は ヨコハマ BluEarth-A の特徴 で確認を。

ミニバン

プレミアムが更に進化。雨、ふらつきと偏磨耗の抑制、静粛性に拘る
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「BluEarth RV-01」の転がり抵抗係数「A」はそのままに、ウェットグリップ性能を「b」から最高グレーディングの「a」へ引き上げる。独自技術を搭載した非対称トレッドパターンはミニバンでも安定感のある走りを発揮。

詳細は ヨコハマ BluEarth RV-02 の特徴 で確認を。
BluEarth ブランドのミニバン専用タイヤ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

低燃費性能に加え、ミニバンのためのしっかり感や安全性能、同乗者への優れた静粛性や快適性、そして人にやさしい性能などを訴える。また、重量級のミニバンにも対応するプレミアムミニバンタイヤでもある。

詳細は ヨコハマ BluEarth RV-01 の特徴 で確認を。

スタンダード

「BluEarth AE-01」の進化。最高グレーディング「AAA」実現
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

「BluEarth AE-01」をリニューアル、最高グレーディング「AAA」へ進化、ウェットグリップ性能は「c」を維持。従来品比較データからはその他性能も向上している。トータル性能は見た目以上に進化を遂げる。

詳細は ヨコハマ BluEarth AE-01F の特徴 で確認を。
新コンセプト BluEarth の第一弾
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

低燃費タイヤとして転がり抵抗係数が「AA」、ウェットグリップ性能が「c」を実現。「AA」の低燃費タイヤをもっと身近に をテーマにしている。BluEarth は使う人の視点から考えたタイヤづくりを進めるグローバルコンセプト

詳細は ヨコハマ BluEarth AE-01 の特徴 で確認を。
「DNA ECOS」の後継となる低燃費タイヤ
-楽天市場-
  • タイヤカテゴリ
  • 転がり抵抗
  • ウェットグリップ

低燃費性能は BluEarthテクノロジーを踏襲したもの。その証としてタイヤサイドには BluEarthテクノロジーマークを刻印。「DNA ECOS」との比較では、転がり抵抗は11.5%低減、ウェット制動性能は14.1%向上している。

詳細は ヨコハマ ECOS ES31 の特徴 で確認を。
タイヤ情報
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る