緊急用に備えスペアタイヤもしっかり点検を!

緊急用に備えスペアタイヤもしっかり点検を!

temper1

 クルマには緊急用に備えてスペアタイヤが搭載されています。しかし近年、一部高級車や輸入車にはパンクしても一定距離を走行出来るランフラットタイヤ、またパンク修理キットを搭載しスペアレスで軽量化やスペース効率の確保を狙う車種も増えつつあります。

 それでも多くはスペアとなるテンパータイヤを搭載します。飽くまでもパンク等のトラブルの場合に使用する応急用であって、トランク内やフロア下に収納出来るよう出来る限りコンパクトな形状で製造されています。

(2017.7更新)

最近のスペアタイヤの扱い

 最近はより収納性アップや車のデザイン構造、軽量化などからスペアタイヤ(テンパータイヤ)を搭載していない車種も見られます。これらはランフラットタイヤの装着や、パンク修理キット搭載などで非常時に備えます。

 しかしながらランフラットタイヤは、乗り心地の面や何と言っても高価なことでまだ多くの車種への採用は見送られています。

 またパンク修理キットは使用期限があってイザという時に期限切れで使えないことや、一旦使うとタイヤの再利用が出来難くなるなどのマイナス要因も含んでいます。従って主流はまだまだテンパータイヤを積んでいる車種が多いのでは。

テンパータイヤの構造

temper3

 テンパータイヤはテンポラリータイヤとも言われます。テンポラリーは一時的なという意味。従って緊急用なのでなるべく早く正規品と交換する必要があります。

 通常のタイヤはゴム(サイドウォール)と空気圧によってクルマを支える構造ですが、テンパータイヤはゴム(サイドウォール)への期待は低く空気圧メインで支えます。また極端に幅が狭い特殊な形状をしています。

temper2

 例えば標準サイズが215/45R17に対して、積載されているテンパーはT135/80D16です。空気圧は標準が前輪240kPa、後輪230kPaに対して、テンパーは420kPaとなり約2倍です。

定期点検

temper5

 いつ使用するか分からない緊急用ながらその時に使えないのでは大変です。なので定期的な空気圧点検は必要です。メインのように月に1度とは言いませんが、必要な時にいつでも利用出来ることを想定しておかなければなりません。因みに私は1年間ほったらかし、そしたら空気圧が規定420kPaから70kpa減り350kpaまで低下しました。

temper4

 既説したようにテンパータイヤはメインと比較して約2倍近くもの空気圧設定になっています。メーカー指針として運転席のドア後ろ側下か、センターピラーの下に貼ってあるラベルで確認出来ます。

temper6

 今回の点検ではメーカー指針420kPaに対して少し多めの430kPaで充填。これで当分はOKかな。使うことが全く無ければそれが一番いいでしょう。でも非常時に備えれば定期的な点検は必ずしておきたいものです。

▲TOPへ
▲TOPへ戻る