冬の路面状況は多彩だ!

冬の路面状況は多彩だ!

romen2

 日本の降雪は世界的に見ても量は多いのですが、気温はそれほど低くはないのだそう。

 しかし、それは様々な路面状況を発生させることになり、車にとっては滑りやすい厳しい走行環境と言えそうです。

 そこで、厳しい冬の 雪道 を安全・快適に走行するには、路面状況を理解することが大切です。ここでは 雪道 の種類や特徴について確認します。

(2017.9更新)

温度変化による冬の路面

 冬の雪道は温度によって路面状況は変化します。一般には、濡れたアイスバーン(-6℃~0℃)、乾いたアイスバーン(-6℃以下)、シャーベット(0℃前後)、ウェット路面(0℃以上)、ドライ路面(0℃以上)など。よって、路面変化を気温からある程度判断することも出来そうです。

ドライ路面(乾燥路面)

ドライ路面(乾燥路面)

 平時の路面状態。雪等による滑りの危険性はありません。しかし、気温が7℃を下回るようなら夏タイヤでの走行はタイヤの硬化によりそれまでのグリップが期待できません。なのでスタッドレスでの走行が適しています。

新雪状態

新雪状態

 雪により一面真っ白な状態。道路との境界がわかりにくく突っ込んでしまうことも。また、それほどの積雪がない場合、車の走行で雪が融けやすく意外と滑りやすい路面状況でもあります。

圧雪路

圧雪路

 雪が踏み固められた、いわゆる一般的な雪道を指します。アイスバーンに比べスタッドレスの効きを最も感じることが出来そう。但し、ドライ路面に比べれば格段に滑ることは明らかですので、危険性は高いのです。

シャーベット

シャーベット

 気温上昇により雪が溶け氷と水が入り混じったシャリシャリの状態。路面はシャーベットと雪のすき間からアスファルトが見えたりするので、意外と安心感を抱かせます。しかし、水分を多く含んだシャーベット状の雪は結構滑りやすい。

アイスバーン(アイス路面)

アイスバーン(アイス路面)

 路面が氷のようにツルツルテカテカになること。日中の気温上昇では一旦氷が溶け出し路面はウェット状態になりますが、夕方からの気温低下で再び凍るとこの状態になります。スタッドレスでも制動距離は伸びます。

ミラーアイスバーン

ミラーアイスバーン

 車の停止・発進によってアイスバーンが鏡(ミラー)のように磨かれた路面状態。交通量が多い道路などで、車が停止と発進を繰り返す交差点の手前付近は特に注意を。この路面は最も危険度が高いと言えそう。

ブラックアイスバーン

ブラックアイスバーン

 単に濡れたアスファルトのように見えますが、実は薄っすらと氷が張っている状態。直前までその路面を判別し難く、ヒヤッとする危険な路面です。特に気温が下がる夜間や朝方などは要注意。路面が黒く見えたらブラックアイスバーンの可能性は高い。

轍(わだち)

轍(わだち)

 雪道をクルマが走行しタイヤの跡が凹凸として残る状態。雪道は多くのクルマが走行することで融雪され轍ができやすくなります。無理に轍を越えるのではなく、轍に沿って走行することでスムーズな場合もある。

その他危険な冬の路面(橋やトンネルの出入口付近など)

その他

 橋やトンネルの出入口付近などの気温変化が激しいところ。橋は冷たい風が吹きつけ地熱の保温効果が少ないことで、一般路よりも更に凍結しやすいと言われます。また、トンネルは内がドライの乾燥路となっていても外は氷雪路など。出入口付近の路面変化による危険性は高いのです。更に日陰も凍結しやすい危険路と言える。

▲TOPへ
▲TOPへ戻る