スポーツタイヤ性能比較表

スポーツタイヤ性能比較表

bs_s00101

 スポーツタイヤの特徴は優れたグリップ性能です。スポーツドライビングをメインにサーキットから街乗りまでをカバーするハイパフォーマンスとして、各メーカーがフラッグシップにポジショニングしています。

 スポーツタイヤのトレッドデザインは、路面との接地性を稼ぎ高いグリップ性能を得るためにブロック面が広く確保されています。これがスパルタンさを演出し、そこから効きに対する印象を大きく左右することもあるんです。

 レーシングテクノロジー注入によるハイパフォーマンス化は、一昔前のSタイヤ並みとの評価に繋がります。これを経て最新はサーキット走行でラップタイムの更新を狙うなど、正にレーシングタイヤとしての役割も持たせています。このように最新技術によるグリップ重視の姿勢は、スポーツカーや高出力車をメインにハイレベルな走りを目指すユーザーへ向けられています。

 しかしながら、基本形であることも理解したい。グァーと走り出す加速時の食い付き、ググッと止まる制動性能、そして横のグリップと剛性によるコーナーリング性能、更にはウェットなど基本形を高位に実現するのがスポーツタイヤの特性でもあります。

 ここに独自の特徴付け、そう味付けを施し個性化を果たすのが最新スポーツタイヤと言えるのでは。現状メーカーによる違いは大きく、同様に圧倒的なグリップ性能を謳うも体感は異なります。フィットする感触を是非見つけて欲しい。

(2017.6更新)

多様性を示すカテゴリー展開

yh_v10502

 市販製品としてのスポーツタイヤは、日常走行でも十分な性能を求めたいものです。サーキット走行に傾倒したものばかりではなく、街中走行の役割も備わっているのが理想です。

 一般に求められる夏タイヤの基本性能は7つ、ブリヂストンが言っていることです。直進安定性、ドライ性能、ウェット性能、低燃費、ライフ、静粛性、乗り心地。これらを程よく持ち合わせることがスポーツタイヤにも期待されます。

現状のカテゴリー展開

 現状国内メーカーではドライグリップ性能へ偏向した傾向があり、静粛性や快適性は最小というイメージかと。それでもスポーツタイヤの特徴として受け入れられ、過小に評価されることは少ないのです。

 一方海外メーカーは、圧倒的グリップ性能に特化した国産スポーツのような傾向は少ないかな。スーパープレミアムとしての総合的なバランス性能に特化した位置付けや、コンフォート性能を併せ持つやや快適性に振った方向性が見出されています。コンセプトが異なるということです。

 これにより海外のスポーツタイヤは、国内メーカーと比べレベルダウンしたイメージが持たれてしまうことがあります。国内ユーザーの圧倒的なグリップ神話に対する満足感、必ずしも得られるかは微妙です。

 但し、タイヤ性能比較の追求は必ずしも一つの方向性とは限りません。上述した特徴は、スポーツタイヤのひとつとしてそれぞれに求めるべきでは、と思います。

最新のタイヤ事情

 最近の環境性能に拘るタイヤ事情は、スポーツにおいても例外ではありません。一時の蚊帳の外から、最新は低燃費タイヤとしての実現も見られます。グリップ性能と転がり抵抗低減という相反性能の両立が可能となった証では。当初は全く考えられなかったことです。

2017年の特徴は多様性の追求!

du_z303

 スポーツカテゴリーは、新製品投入が行われるも展開は昨シーズンを踏襲します。踏襲と言っても昨シーズンはハイレベルな追求に徹しています。その流れが今シーズンも魅力として維持される、ということです。

 国内3メーカー(ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ)にプラスしてグッドイヤーが投入するスポーツタイヤは、フラッグシップにもなる圧倒的な性能を搭載しています。最大特徴、そう主張点はドライグリップです。いずれもサーキット走行を念頭にラップタイムの向上を訴えます。

新製品はこれだ!

 その一角であるダンロップが新たに投入するのは「DIREZZA ZⅢ」です。DIREZZA 史上最速がさらに進化したことを謳います。3メーカープラスワン、そして更にプラスとなるファルケンも動きました。コンパウンドの進化によるドライグリップ向上を果たしたのは「AZENIS RT615K+」です。

 決して街中での快適性など半端な姿勢は示さず、アグレッシブなイメージを定着させています。過去エコから低燃費タイヤ導入初期まで、スポーツにとっては正に暗黒時代が続きました。その鬱憤を全て吐き出すようなこの姿勢はタイヤ好きにとっては最高に楽しい。

囲い込みの施策

 多様性という点ではスポーツカテゴリーの囲い込みに注目したい。主にブリヂストン、ヨコハマ、ミシュランで見られる施策です。3つの製品を異なる位置で展開します。ドライグリップの頂点を極めるもの、プレミアムの位置付けとして上質な大人のスポーツマインドを駆り立てるもの、そして裾野を広げた性能で広い見地からカテゴリー普及に貢献するもの、です。

 ドライグリップ重視の既存スポーツだけでは一般的にはなり難い。そこで目先を変えた追求でも、レースシーンからのフィードバック、そしてナノレベルでの素材技術など、ワクワクする技術満載の製品が見出せるのは画期的です。

ピレリは自己主張を継続

 2017年トーヨーがここに加わることが出来ないのは寂しい。PROXES の展開は全体的な整理が必要では。またピレリはこれまで通りの自己主張を継続します。築き上げたブランドイメージを踏襲することがポリシーかと。これには歴史的伝統を強く感じます。

コンチネンタルのウルトラ・ハイ・パフォーマンス

 最後、注目製品に関して。発売は2016年だったけれコンチネンタルの「SportContact 6」に目を向けたい。ホンダ「シビックタイプR」の純正タイヤとして承認、開発段階では ニュルブルクリンク の北コースでFF量産車最速ラップタイムを打ち立てるのに貢献しました。

タイヤ情報

スポーツタイヤ性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

ブリヂストン

伝説の「RE-71」が復活。POTENZA 史上最速ドライグリップへ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 2
  • 3

独自技術「アルティメット アイ」を駆使。モータースポーツ用タイヤの開発で培ったハイグリップポリマーと補強剤の最適化により路面との接地性向上。従来品「RE11A」に比較して最速ラップタイムは1.4%短縮。

プレミアム性能を更に向上、エコスポーツとして誕生
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2

「POTENZA RE050」の後継。プレミアムとしての性格はそのままに左右非対称パターンにより、ウェット性能とドライ性能が追求されている。フェラーリなどの世界的なハイパフォーマンスカーにも標準装着。

「Adrenalin RE002」の進化。裾野を広げた性能に注目
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4

ターゲットは従来を踏襲、スポーツカーのみならずセダンやミニバンなどのスポーツ志向の高いユーザーへのニーズにも対応。モータースポーツ用タイヤ開発で培った高いブロック剛性と排水性の両立を図った新パタン採用。

ヨコハマ

グローバルフラッグシップブランド ADVAN の頂点に立つ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

ハイパフォーマンスプレミアムカーへの新車装着が際立性格から、一般市販タイヤとしてやや馴染み難いのはショウガナイ。しかしながら、トータルバランスを損なうことなく従来を凌ぐ性能には最大の興味が示される。

詳細は ヨコハマ ADVAN Sport V105 の特徴 で確認を。
「AD08」をチューニングし R への更なる進化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 3
  • 3
  • 3
  • 2

パターンはドライ、ウェット性能と耐摩耗性能が評価された従来品の唐草模様にも似たデザインを継承。コンパウンドは従来に対して初期グリップ力とコントロール性の向上を目標に開発され 「MSコンパウンド2R に進化。

スポーツタイヤとして新たなポジショニングを提唱する
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

転がり抵抗低減によるスポーツ低燃費タイヤを謳う。素直な操作性、高いウェット性能、そして静粛性に優れる。街中での快適性とスポーツ性能に対する要求を底辺から支える懐の広い性能を備える。

詳細は ヨコハマ ADVAN FLEVA V701 の特徴 で確認を。

ダンロップ

輸入外車用(IMPORT CAR)ハイパフォーマンス
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
  • 2

フラッグシップとなる SP SPORT MAXXシリーズの最新作。輸入外国車用を謳い高い操縦安定性能と優れたウエット性能を発揮。グローバル商品として中国・ロシア・中近東・中南米などでも発売される。

詳細は ダンロップ SP SPORT MAXX 050+ で確認を。
謳うのは DIREZZA 史上最速のストリートラジアルがさらに進化!
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 2

従来品は「DIREZZA ZⅡ★」であり更なる戦闘力の向上、と言っていい。謳うのは DIREZZA 史上最速のストリートラジアルがさらに進化! サーキットでは連続周回時の最速LAPタイムを1.6%、平均LAPタイムを1.5%短縮。

詳細は ダンロップ DIREZZA ZⅢ の特徴 で確認を。

トーヨー

「PROXES T1 Sport」を上回るハイパフォーマンス
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
  • 4

従来品「PROXES T1 Sport」に比較して低燃費性能、ウェットグリップ性能を大幅に向上、新たなフラッグシップの登場を謳う。ウェットグリップ性能が全35サイズで「a」、転がり抵抗係数も17サイズで「A」を実現。

詳細は トーヨー PROXES Sport の特徴 で確認を。
PROXES ブランドのプレミアムスポーツ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
  • 5

ドライ、ウェット性能を高次元で発揮しながらも静粛性や偏磨耗への対応も実現。「PROXES R1R」がサーキット走行などでの得意性を訴えるのに対して、「PROXES T1 Sport」はスポーツとしての運動性能と快適性を両立。

詳細は トーヨー PROXES T1 Sport の特徴 で確認を。
未だ D1 でも大活躍。まだまだ注目は尽きない
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 3
  • 3
  • 2
  • 5

トレッドパターンが斜めカット。Sタイヤのコンパウンドを使いパターンもレイン用Sタイヤと見間違えるほど。グリップ性能に限れば POTENZA や ADVAN にも勝る性能を持つと言われた。見た目の精悍さもいい。

詳細は トーヨー PROXES R1R の特徴 で確認を。

ファルケン

+(プラス)進化はコンパウンド
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 3

従来品「AZENIS RT615K」の進化となる製品。+(プラス)進化はコンパウンド。相反するグリップ性能と耐摩耗性能の2つをバランスよく向上させ、サーキットでの連続タイムアタックでも安定したLAPタイム向上が主張点。

アウトバーンで培われたファルケンのフラグシップモデル
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5

ターゲットはプレミアム・ハイパフォーマンスカーを想定、ブリヂストン「POTENZA S001」やトーヨー「PROXES T1 Sport」などを競合として指名。ドライグリップへ傾倒する「AZENIS RT615K」とは差別化を図る。

詳細は ファルケン AZENIS FK453 の特徴 で確認を。

グッドイヤー

EAGLEシリーズのフラッグシップ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 3
  • 4
  • 2

ラグジュアリースポーツカー向けハイパフォーマンスである「EAGLE F1 Asymmetric 2」の後継。EAGLEシリーズは30年以上もの歴史を誇りその筆頭に位置付けられるのが「EAGLE F1 Asymmetric 3」。

「EAGLE RS Sport」後継。グリップ性能向上のストリートハイブリップ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 3

注目点は進化したS-SPECコンパウンド。パターンデザインはそのままに従来のグリップ性能と高速走行での操縦安定性を高め、サーキット走行そして街乗りでの安定したハンドリングレスポンスを求めるユーザーをターゲット。

ミシュラン

PILOT SPORTシリーズ最強を謳う
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 4
  • 2

「Pilot Super Sport」を超える PILOT SPORTシリーズ最強を謳う。世界のレーシングシーンで飽くなき情熱と時代をリードしてきた最先端テクノロジーのすべてを結集した、ハイスペックスポーツタイヤ。

ポルシェ、BMW Mモデル、フェラーリとの共同開発
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 4
  • 3

ウルトラハイパフォーマンスカーを主なターゲット。トワロン(特殊繊維)を使用したベルトの採用によりトレッド部でのテンションを最適化し、遠心力によるタイヤの変形をコントロール。結果、超高速走行時に優れた安定性。

直感的な走りを愉しむダイナミックグリップスポーツ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 4
  • 3
  • 4
  • 4

EVのフォーミュラレースである フォーミュラE で磨かれたレースタイヤの技術を応用。接地面に対する溝の割合を示すボイドレシオが、フォーミュラEレース用と同じ26.4%を誇り高いグリップ性能を発揮する。

詳細は ミシュラン PILOT SPORT 4 の特徴 で確認を。
クルマとの一体感を引き出すプレジャーグリップスポーツ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3
  • 4
  • 3

運動性能、静粛性、耐摩耗性、そしてウェット性能まで強く訴える。「Pilot Sport ps2」の運動性能と「Pilot Preseda pp2」が持つ快適性、更にウェット性能の向上がプラスされた。

詳細は ミシュラン Pilot Sport 3 の特徴 で確認を。
スポーツの新たなポジション、快適性を搭載する
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

世界基準でタイヤのスポーツ性能を追求し、スーパースポーツカーと呼ばれる車にも新車装着される。トレッドに配置したブロックの数をOUT側に55ブロック、IN側に75ブロックと変則に配置し静粛性能の向上が図られる。

ピレリ

「P ZERO NERO」からコンパウンド系の進化を果たす
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4

「P ZERO NERO」のパターンは継承し、コンパウンド系の進化を果たす。スポーツ性能と快適性、そして静粛性を持つオールラウンド性が高い。車の速さを求め大径のホイールと超偏平タイヤを求める人に最適。

詳細は ピレリ P ZERO NERO GT の特徴 で確認を。

コンチネンタル

SportContactシリーズの最新
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 4
  • 1

フラッグシップとなる SportContactシリーズ の最新を謳う製品。ストリート用として強烈なグリップ性能を誇る「ContiSportContact 5P」を更に上回る性能を実現した真のスーパースポーツ。

詳細は コンチネンタル SportContact 6 で確認を。
安全性に優れたプレミアムスポーツ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 3
  • 4
  • 2

ストリート用としては強烈なグリップ性能を誇る「ContiSportContact 5P」と基本コンセプトを同じにする。ウェットグリップ性能や耐摩耗性能など安全性能を高め、ストリートでの扱い易さを高めたのが特徴。

▲TOPへ
▲TOPへ戻る