スポーツタイヤ性能比較表-トヨタ86専用スペック

スポーツタイヤ性能比較表-トヨタ86専用スペック

gy_rs-sp86-s_spc

 最近の低燃車オンリーのクルマ事情の中で、異なる雰囲気を感じさせるのがトヨタ「86」とスバル「BRZ」です。

 走りの楽しさを感じられる唯一?のクルマとして期待されています。ただ一時ほどの注目は薄れているかと。やはり万人向けとはならない車種特性の影響でしょう。

 「86」と「BRZ」はメーカーや車名ロゴは当然異なりますが、基本セッティング等の違いは僅かなものに抑えられています。従って双方新車装着タイヤは、当然スポーツタイヤかと思えば実はそうではない。

 古い情報(2013年)で失礼します。サイズが16インチはヨコハマ「dB E70」、17インチはミシュラン「PRIMACY HP」、そしてオプションとなる18インチはミシュラン「Pilot Super Sport」でした。今も同じかなぁ? 

 同じとすれば、ヨコハマ「dB E70」は新車装着用の専用タイヤです。低燃費と静粛性、そして快適性が謳われます。ミシュラン「PRIMACY HP」はプレミアムコンフォートタイヤ。静粛性や快適性を備えながらも走りへの期待感を示します。オプション設定されるミシュラン「Pilot Super Sport」は、スポーツタイヤとしてはプレミアム性能への拘りを訴えます。ポルシェ、BMW Mモデル、フェラーリとの共同開発などウルトラハイパフォーマンスカー向けであることなどを強調しています。

 それにしてもこのタイヤ装着はどう判断すべきか。車のパフォーマンスにより、敢えてスポーツタイヤの選択でなくてもいいというのがメーカーからのコメント。私にはそうなんですか・・? 今のタイヤ事情とクルマ事情が「86」、「BRZ」にも押し売りされているのならなんだか寂しい気がしますが・・

 でも実はスポーツタイヤも出現しています。これが「86専用スペックタイヤ」です。当然「BRZ」も対象。この車はやはりタイヤへ拘りたいところ。市販タイヤへの積極的交換は当然かと。そこではグリップ重視のスポーツタイヤへ拘るのは規定路線、一部プレミアムスポーツタイヤをベースとしています。

トヨタ86専用スペックタイヤ

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

ブリヂストンタイヤ

プレミアムスポーツ「POTENZA S001」を「86」向けに最適化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 1

「POTENZA S001」は「POTENZA RE050」の後継。スポーツタイヤカテゴリーとして初めてエコ性能を有するタイヤを謳う。サーキットやワインディングというような特定場所での走りよりも、街中などでの快適な楽しさを得ることが優先。

ダンロップタイヤ

進化した「DIREZZA ZⅡ★」がベース。ドライグリップ向上が凄い
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 2

サーキットでのラップタイム短縮を強烈に訴える。サーキット走行で1周目、最速、平均すべてのラップタイムを「DIREZZA ZⅡ」に比較して1.0%以上短縮。4D NANO DESIGN 開発の新コンパウンドが大きな役割を果たす。

グッドイヤータイヤ

「RS Sport」が「RS Sport S-SPEC」になったことで同時進化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 1

ベースタイヤの「EAGLE RS Sport S-SPEC」を理解すれば分かりやすい。走り出した直後からずば抜けたハイグリップを強調。発熱が早いにもかかわらず熱ダレに強く、グリップ力の維持にも自信を示す。

▲TOPへ
▲TOPへ戻る