スポーツコンフォートタイヤ性能比較表

スポーツコンフォートタイヤ性能比較表

p_p101

 スポーツコンフォートは、基本設計によりスポーツをベースにしたタイプと、コンフォート(快適性)をベースにしたタイプに振り分けられます。

 スポーツベースは、グリップ感は高いのものの乗り心地や静粛性は劣ります。対してコンフォートベースは、快適性が高い一方でグリップ性能が劣ります。

 このように双方で長所と短所が混在し、相反性能を高次元で併せ持つオールラウンド性の高さが特徴です。そこから得られる恩恵、相当なものであると考えます。ただカテゴリーとしての注目度は必ずしも高くはありません。

 もう少しスポーツコンフォートカテゴリーの特徴を判りやすく伝える為に、敢えて否定的見解を。要はネガティブですね。スポーツに完全傾倒出来ない、剛性にもやや厳しい、コンフォートも最上ではない。追求し切れていない運動性能、極上になり切れていない快適性です。一言で示すなら 半端なタイヤ性能 かな。

 これをフォローする肯定的、ポジティブな考え方はこうなります。半端さではなく多くの性能を標準レベルで感じられる器用さが搭載される。スポーツとコンフォートをいい感じで併せ持つ、要は対極する性能の両立が高度に実現されています。

 スポーツコンフォートへの期待はカテゴリーの隆盛です。なのでここでは半端さの強調ではなく、スポーツとコンフォートを両立する器用さに注目したいと思います。

 従って追求点を個々のテクノロジーや性能から更に踏み出し、共通認識となるスポーツとコンフォートの器用レベルを高度に露出させます。2つ併せ持つ性能を強調する中で更なる特徴付けを探ります。

(2017.6更新)

走りのニーズからタイヤ選び

p_d-s01

 現在のスポーツコンフォートカテゴリーは、全体活性化にやや難有りの寂しい状況があります。一時のスポーツがそうであったように、ターゲット車種の具体性が見出せないのが原因であり展開は低迷しています。

 ただターゲット車種の出現が得られた時は一気に勢いが付くはず。スポーツはトヨタ「86」やスバル「BRZ」の発売で、専用タイヤが出現するなど活性化へのきっかけ作りに成功しています。これに乗じた展開はスポーツコンフォートへも波及すると考えます。

クルマありき から タイヤありき へ

 もうひとつの考え方は、本来クルマありきの基本姿勢をタイヤありき、としたらどうだろう。例えば、注目度の高いピレリ「Cinturato P1」を見てみる。投稿されたインプレッションによる装着車種は非常に幅が広い。コンパクトカーからハイパワーカー、SUVまで多岐に渡っています。

 車種特性によるタイヤ選びが基本です。しかし、そこから踏み出し柔軟な発想により走りのニーズからタイヤを選んでみる。器用さが特徴となるスポーツコンフォートには応えられるケース多い、と期待します。

 そしてピレリ「DORAGON SPORT」もその対象として注目します。2016年発売でまだ最新レベルだしAPAC(アジアパシフィック)市場向けの得意性、そう価格の安さが魅力になるのでは。

本来のニーズに応える選択肢も重要

 本来のニーズに応える選択肢も当然注目します。スポーツカーでありながらも、走行のほとんどを街中での日常生活レベルが中心というユーザーや、走りに対する拘りを持ちつつも、サーキット走行やワインディングを攻める、というレベルではないユーザーですね。ヨコハマ「S.drive」、ダンロップ「DIREZZA DZ102」など候補となる可能性ありかな。

2017年も「Cinturato P1」が中心では!

 ブリヂストン Playz PXシリーズが2シーズン目となり、ドライブを楽にするという概念を更に強調させます。ただ2017年は同様のセダン・クーペ、ミニバン、軽・コンパクトカーという3展開を図る ECOPIA NH100シリーズが出現しました。配置されるカテゴリーこそ違えど、競合への懸念ありますね。

やはりメインは「Cinturato P1」

 そんな中、変わらず注目されるのはピレリ「Cinturato P1」かと。勢いに衰え知らず。国内低燃費タイヤに適合させる訳でもなく、ピレリ独自の追及点が好感を得ています。サイズ展開も充実し登場以来最大数を誇ります。そこに価格追求を際立たせ2017年も人気を維持するのは間違いないかと。

「DORAGON SPORT」への可能性

 もうひとつ、更なる可能性を期待するのは「DORAGON SPORT」です。2016年に登場しある意味カテゴリーへのフィットは最大かと。従来品「DORAGON」はカタログに残るもフェードアウトを決断しました。これ1点へ集中します。

残念だけど・・

 やや陰りが見えるのは、ヨコハマ「S.drive」とダンロップ「DIREZZA DZ102」の双璧です。これまでカテゴリーの牽引者として、従来モデル「DNA S.drive」と「DIREZZA DZ101」から支えて来たのは間違いない。新たな移行でも期待感を背負っていました。

 ただ低燃費タイヤの出現と「Cinturato P1」の狭間では、残念ながらこれまでのような勢いが感じられなくなっています。好意的な見解をずっと持っていますが、同時に難しさも感じるようになりました。

タイヤ情報

スポーツコンフォートタイヤ性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

ブリヂストン

Playz PXシリーズ。セダン・クーぺ専用
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 4
  • 5
  • 2

乗り心地と操縦安定性、静粛性の最適バランスを実現する専用設計と、独自技術 ULTIMAT EYE により接地圧の均一化を実現。高い操縦安定性を実現し従来品より摩耗寿命比較で10%の向上を示す。

詳細は ブリヂストン Playz PX の特徴 で確認を。
Playz PXシリーズ。軽・コンパクトカー専用
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 4
  • 5
  • 2

高次元の乗り心地と静粛性を実現する軽・コンパクト専用設計。同じ軽カーでも背の高いハイト系は重心が高くふらつきやすい。そこで専用の パワーサイド構造 を採用しふらつきを抑制。

詳細は ブリヂストン Playz PX-C の特徴 で確認を。

ヨコハマ

「DNA S.drive」から「S.drive」へ進化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

それまでの「DNA S.drive」から「S.drive」へ進化。専用コンパウンドでこれまで以上の高いグリップ性能を発揮。ワイドストレートグルーブにより排水性能の向上などパターンデザインは継承している。

詳細は ヨコハマ S'drive の特徴 で確認を。

ダンロップ

「DZ101」の後継としてスポーツコンフォートの理想系
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4

DZ102専用コンパウンド と 新パターン を採用、従来品よりドライブレーキ性能3%、ウェットブレーキ性能5%向上。セカンドブロックを一体化させた 新パターン と剛性を高めた 新構造 の採用で騒音エネルギー26%低減。

詳細は ダンロップ DIREZZA DZ102 の特徴 で確認を。
走りにも快適性能を発揮できる高性能タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4

ほど良いグリップ性能と静粛性や乗り心地などのコンフォート色を持ち合わせている。スポーツコンフォートとしては上等のタイヤ性能。ヘビーウェットでの排水性にも優れている。

詳細は ダンロップ DIREZZA DZ101 の特徴 で確認を。

トーヨー

ストリート系のライトユーザーにお勧め
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 5

コストパフォーマンスが重視されつつ乗り心地や静粛性、そしてグリップ性能を併せ持つ。スポーティーなユーザーには既存の「PROXES R1R」を、そしてストリート系のライトユーザーには「DRB」を推奨する。

詳細は トーヨー DRB の特徴 で確認を。

グッドイヤー

ライトユーザーを満足させることで特徴を活かす
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 4
  • 3
  • 5

スポーツ性能を重視しながらもウェット性能、乗り心地や静粛性能を備える。どちらかといえばギンギンのスポーツタイヤレベルより街乗り重視のユーザーにお勧め。スポーツをベースにコンフォートの性能を加えた。

詳細は グッドイヤー EAGLE REVSPEC RS-02 で確認を。

ミシュラン

ハンドリング性能と快適性を両立。くつろぎと躍動感に浸る
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 2

「PILOT PRIMACY」の基本性能を継承し派生。プレミアムコンフォートとしても十分なほど。ウェットや高速走行での安定性能を求めるユーザーの理想に近付く。グリップ感は高くワインディングでも楽しさを味わえる。

詳細は ミシュラン PRIMACY HP の特徴 で確認を。

ピレリ

Cinturatoシリーズのプレミアムパフォーマンス
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5

安全性、ドライビングの喜び、環境への配慮、汎用性など4つの特性を併せ持つ。コンパウンドにハイブリッド素材を使用、タイヤの歪みを安定化させ15%の軽量化を実現。トレッドパターンの最適化など、転がり抵抗は25%低減。

詳細は ピレリ Cinturato P1 の特徴 で確認を。
環境性能がより向上。ベースは「Cinturato P1」
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4

「Cinturato P1」をベースにグリーンパフォーマンス向上。環境性能を高めシティーカーやコンパクトカー向けを謳い、ドライ路面でもウェット路面でも快適なドライビングを提供するエコタイヤ。

詳細は ピレリ Cinturato P1 VERDE の特徴 で確認を。
「DRAGON」の後継。APAC(アジアパシフィック)市場向けを強調
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 5

新たな「P ZERO」と同じテクノロジーで開発されAPACの市場特性から生まれるニーズに対応する。本質はライトスポーツとしての性能と価格双方を満たす、実はここが最大主張。

詳細は ピレリ DRAGON SPORT の特徴 で確認を。
タイヤ情報
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る