タイヤを長く持たせる為の維持管理はこう

iji

 新たなタイヤへ交換した後、性能を維持し少しでも寿命を延ばしたい。その為にはいくつか気遣いが必要です。

 主なものとして挙げられるのは、日常的な空気圧管理とローテーションの実施では。更に細かいところまでいくと装着直後の慣らし、そして冬場スタッドレタイヤに交換するのを想定するとその保管方法なども影響して来ます。

ただいずれをしっかり行っても運転姿勢が激し過ぎたりするとそこは限界があります。なのでタイヤを労わりながら、いずれもシッカリ行えば相応の効果が得られそうです。

(2018.3更新)

空気圧チェック

タイヤ空気圧チェック

 空気はタイヤとホイールのわずかな隙間から必ず洩れます。空気圧が低い状態で走行すると、回転でタイヤの変形がより激しく接地面が不安定になり走行性能が落ちます。燃費は悪化、ノイズの発生、偏摩耗まで懸念されます。

 この状態では新品なのに乗り心地は悪化し静粛性も低下、新品の享受が受けられなくなります。従って月に1度は空気圧を必ずチェックし、既定値への拘りを意識して欲しい。

ローテーション

ローテーション

 前後左右のタイヤを入れ替えて、摩耗の進み方が4本とも均一になるのを目指すのがローテーションです。駆動方式や車種特性によりタイヤへの負担は異なります。

 そこで装着位置を替えて均一化を図り寿命への期待を高めます。注意点として左右非対称パターンや方向性指定パターンの場合は、左右が決められているのでローテーションが限定されます。

 近年のミニバンは、フロントヘビーによって極端に早く摩耗する傾向が強いという。気がつけばローテーションはもう無理! という段階まで進んでいるケースが見られます。3,000km~5,000kmまでには摩耗状態をかならずチェックして欲しい。軽/コンパクトカーも同様で据え切の多い人は特に注意です。一般的には5,000km~7,000km位が摩耗チェックの目安になります。

保管にも注意を

保管

 夏タイヤからスタッドレスへ冬シーズン直前に交換、春までの間どのような状態で保管するかによってゴムの劣化状態が異なります。自然劣化は致し方ないけれど、状態を完全化することで長持ちへの可能性が出てきます。

 外したタイヤは水洗いをして乾かします。空気を1/3位抜きゴムを休ませます。ホイール付きなら横に積み重ね、直接太陽が当たるのを(紫外線を避ける)避けます。可能なら重ねる順番を1、2度変えるなど出来たらいい状態で新シーズンを迎えられそうです。

慣らしの必要性

慣らし

 新車に慣らしが必要なようにタイヤにも慣らしが必要です。目的は表面の余分な油膜を取ること、またタイヤとホイールを馴染ませる意味合いもあります。

 装着直後はホイールへの均一な密着が不足しています。慣らし行うことで均一性が高まり、偏摩耗等の予防にも繋がります。実行は急発進や急停止、急ハンドルを避けて、速度60km/h位で距離150kmを走行すればいい。

日常と運転の気遣い

日常

 タイヤを気遣うのなら日常の運転が大切です。乱暴に、意味無く急の付く運転はいけません。と言っても気にし過ぎるのもどうかと。ここは普通にスムーズさを意識することでしょう。それにより過度な負担が解消され労わることに繋がるのでは。

 その上で既述したような手法を実践することです。特に空気圧は月に1回を定期化して欲しい。その際に摩耗が進んでいるようならローテーションを実践するなど、長く持たせる為の手法が活きて来ます。