ブリヂストン ECOPIA EP001S

ブリヂストン ECOPIA EP001S の特徴

  • カテゴリー:コンフォート低燃費タイヤ
  • サイズ:15~16インチ
  • 扁平率:65~55%
  • 発売:2012年8月

タイヤ性能

 ブリヂストン「エコピア EP001S」は、低燃費タイヤのラベリング制度で業界初となる転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」を達成したタイヤです。「AAA/a」は現在ラインアップされているタイヤでは最高グレーディングを誇ります。タイヤの転がりを極め、ウェットブレーキ最強に自信を示す事になるかと。

 低燃費性能を高め、転がりやすい設計では、当然タイヤは止まりにくくなります。その矛盾を矛盾でなくしたのが今回投入されている技術ということ。この実現には同社独自の材料技術である NanoPro-Tech(ナノプロ・テック)と、モータースポーツ用タイヤの開発で培った グリップ向上技術 の融合が謳われています。

 NanoPro-Tech微粒径シリカ配合コンパウンド は、材料の微細構造を制御しトレッドゴムのエネルギーロスを低減し発熱を抑制、転がり抵抗の低減を図ります。ウェット性能は、ブロック剛性と排水効率を最適化しゴムのグリップ力を最大限発揮し、接地面で発生するブレーキ力を大幅に向上しています。

 従来品である「エコピア EP100S」と比較し、転がり抵抗は3%低減し、ウェットブレーキは17%短縮が果たされています。「エコピア EP100S」は転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「c」でした。同じグレーディング「AAA」でも転がり抵抗において更なる進化を果たしたことは、グレーディングにも幅があるのですね。

 それでも「AAA/a」で示されそのグレーディングは、最高位の低燃費タイヤというのは間違いない。しかし、サイズは限定的で2サイズ、汎用性を示すにはかなり厳しい見方となります。まぁ、飾りではないけれどメーカーの技術誇示の役割も背負っている、と考えれば納得です。

詳細情報・購入

(2016.3更新)

ブリヂストン エコピア EP001S のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る