ブリヂストン Playz PX-RV(ミニバン専用)

ブリヂストン Playz PX-RV の特徴

  • カテゴリー:ミニバン低燃費タイヤ
  • サイズ:14~20インチ(ミニバン専用)
  • 扁平率:70~35%
  • 発売:2016年2月

タイヤ性能

 ブリヂストンの Playz PXシリーズ 3銘柄が登場しました。セダン・クーぺ専用「Playz PX」、ミニバン専用「Playz PX-RV」、そして軽・コンパクトカー専用「Playz PX-C」です。いずれも運転時に起こるハンドルのふらつきを抑制、無意識に溜まる疲れを軽減するのが主たる特徴です。

ミニバン専用

 ミニバン用の「Playz PX-RV」は、ふらつきと偏摩耗を抑制するミニバン専用設計です。トレッド面のIN側にはブロック剛性を高める ディアドロップスロット を採用し偏摩耗を抑制します。

 またふらつきは、車体の前後にかかる力のばらつきが大きくなる定員乗車時、またはコーナリング時、横風、路面の段差やうねり等の外乱入力時に発生し易いという。ミニバン専用設計により高次元の剛性を確保し、特有のふらつきを抑制した、みんなで乗ってもふらつきにくい を強調します。

ライフ性能が向上

 専用設計によるライフ性能向上では、従来品「ECOPIA EX20 RV」に対して13%の向上を謳います。なおラベリング制度のグレーディングは転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「a」です。

Playz の復活

 Playz は一旦フェードアウトしたブランド名。ドライブを 楽 にするという概念を提案し、楽は、より「らく」=直進安定性、「楽しい」=コーナーリング性能、双方の向上が謳われました。

 ここから ECOPIA PZシリーズ や「ECOPIA PRV」などへ進化を果たしたと受け止めています。今回 ECOPIA ブランドを冠せず以前の Playz に戻ったことは低燃費タイヤのブランド展開に新たな施策を求めた、と考えます。

性能特徴

 Playz PXシリーズ は、IN側とOUT側のサイド部が異なる独自技術 非対称形状 を搭載しました。路面との接地を安定させふらつきを抑制、運転中の細かなハンドル操作が最小化され、無意識に溜まるストレスを軽減、疲れにくいを実現します。

 また独自の材料技術 Nano Pro-Tech により、新コンパウンド パワートレッドゴム を採用しています。効果は、ウェットでの滑りにくさや低燃費性能を犠牲にすることなく耐磨耗性に優れていること、だという。

 いずれも専用設計された新パタンと組み合わせることで、セダン・クーペ、ミニバン、軽・コンパクトカーへの専用性を高めています。

ブリヂストンのミニバンラインアップ

 ブリヂストンのミニバンラインアップは新シーズンで更に充実展開を果たします。プレミアム「REGNO GRVⅡ」、スポーツコンフォート「Playz PX-RV」、そしてコンフォートスタンダードの「ECOPIA EX20RV」までは従来通り。

 コンフォートスタンダードはコンフォートの細分化で下位に位置付けます。新たな投入の「ECOPIA NH100 RV」は、コンフォート上位として多彩なミニバンに対するフォローを強化します。

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ブリヂストン Playz PX-RV のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る