ブリヂストン POTENZA RE-71R

ブリヂストン POTENZA RE-71R の特徴

  • カテゴリー:スポーツタイヤ
  • サイズ:14~19インチ
  • 扁平率:55~30%
  • 発売:2015年2月

タイヤ性能

 ブリヂストン「POTENZA RE-71R」は、従来の「POTENZA RE11A」の後継として、サーキット走行などのスポーツドライビングで性能を発揮する POTENZA 史上最速を謳います。

 「RE-71R」に関してはまず名称から触れるべきでしょう。これまでの「RE11」シリーズから、伝説の「RE-71」の復活です。「RE-71」はドイツ ニュルブルクリンクでも開発テストを実施するなどその性能が認められ、1986年に初めてポルシェ、フェラーリに新車装着された伝説のスポーツタイヤです。

 ブリヂストンは当時欧州での認知は低かった。しかし、この採用をきっかけとしてその後欧州のスポーツカーに次々と標準装着されました。タイヤは回転方向指定のユニディレクショナルパターンによりウェット性能を向上、ドライ&ウェットの両立を図っています。国内販売でも100万本を超える大ヒット作となったのです。

 今回の名称は「RE-71」の性能、情熱を引き継ぐという意味を込めて、「RE-71R(R=Racing)」と名付けられています。

 注目の性能で特筆すべきは、最適なタイヤ設計を実施する独自技術「アルティメット アイ」を駆使したことでしょう。サーキット走行で想定されるタイヤの動きを細部まで計測し、モータースポーツ用タイヤ開発で培ったハイグリップポリマーと、補強剤の最適化により路面との接地性を高めています。ハイグリップを発揮する新開発のゴムを採用し、接地面積の拡大によりタイヤ全体でしっかり路面を掴むのです。

 またトレッドデザインイは非常に高い拘りを示します。ワイドストレートグルーブとセンターリブの構成により、排水性を確保しセンター部の剛性をアップ、クイックな初期応答性を実現しました。周方向に対し角度の異なるラグ溝を交互に配置したセブン(7)グルーブは、コーナリング中の縦横様々な方向からの入力に剛性を確保し、安定したグリップを発揮します。ショルダーは溝の無いスリックショルダーとなり、高いコーナリング限界性を実現します。

 これにより従来品「RE11A」と比較して、サーキット走行時の最速ラップタイムは1.4%の短縮だというので驚きです。なおラベリング制度に照らすと、一部サイズながら転がり抵抗係数「C」、ウェットグリップ性能「b」を実現しているようなので、このパターンからは唸るばかりかと。

 最新 POTENZA のラインアップは、プレミアムの「S001」が上質な大人のスポーツマインドを駆り立てます。「Adrenalin RE003」は裾野を広げたタイヤ性能により、広い見地からスポーツタイヤの普及に貢献します。そして「RE-71R」はドライグリップの頂点に位置付けし、真のスポーツタイヤ追求を図ります。

タイヤ情報

インプレッション

komama さん
【購入年月】
2016年5月
【装着車種】
K12 マーチ 12SR
【装着サイズ】
195/50/15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 2
  • 2
  • 3
【インプレッション】

NEOVA AD08Rからの履き替えで、サーキットに使用しています。元々ヨコハマ派ですが、履いてみてびっくりです。いい意味でBSのハイグリップっぽくない印象です。これまでBSといえば、剛性感が強く初期応答は良い割に奥のグリップ感が物足りないイメージだったのですが、初期のBSっぽさは残しつつ、奥ではNEOVAのようなグッと粘るグリップを発揮します。摩耗も綺麗ですのでドライだけなら綺麗に使い切れそうなタイヤです。

(2016/9/16)

詳細情報・購入

(2016.2更新)

ブリヂストン POTENZA RE-71R のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る