コンチネンタル UltraContact UC6

コンチネンタル UltraContact UC6 の特徴new

  • カテゴリー:コンフォートタイヤ
  • サイズ:16~18インチ
  • 扁平率:65~45%
  • 発売:2017年2月

タイヤ性能

 コンチネンタルでは、アジア太平洋地域市場に向けられた第6世代となる製品として、「ComfortContact CC6」と同時投入を図ったのが「UltraContact UC6(ウルトラ・コンタクト・ユーシー6)」です。

 「UltraContact UC6」は新たな製品ラインアップを謳います。いずれも2016年9に中国・浙江省で発表されました。アジア太平洋地域市場向けを謳うのは中国が中心です。市場規模、重要性が日本を大きく上回る、ということかと。それに関連付けられた日本市場、の位置付けなら寂しい。

カテゴリー配置が難しい!

 新たなラインアップとなる「UltraContact UC6」は、16 ~ 18インチの全32サイズでスタートします。幅広い車種対応を謳いコンパクトカーからプレミアム、ミニバンまでをターゲットにしています。

 これが非常に悩ませる。コンパクトカーも謳うならスタンダードカテゴリー? と思うもサイズ設定からすると違うな。もっと上位では。ならプレミアム? ここには「ContiPremiumContact 5」が配置済みだし、2017年7月には「PremiumContact 6」が投入されます。

結局コンフォートへ

 Ultra(ウルトラ)の名称はハイレベルなパフォーマンスを意味するという。快適な乗り心地とオールラウンドな性能を実現する方向付けです。結論、オールラウンドに反応しコンフォートに配置します。

主張点は3つ

 主張される特徴はウェットとグリップ、そして静粛性の3点に集約されます。まずウェット路では、斜めに配置された アクアチャネル が水膜を縦溝に排水し、ここに追加された アクアドレナージ によって水を集約。トレッド内部に繋がる排水チューブによって水を縦溝に排出する ウォータースライダーシステム の構築で、ハイドロプレーニングを抑制しウェットグリップ性能を高めます。

 また ダイヤモンドエッジパターン の採用は、ブレーキング時のブロックの巻き込みを防止し接地面積を確保、制動距離の短縮を図ります。ウェットでもサイドウォール方向に効率的排水に貢献し、ウェットブレーキ向上に繋げます。

 コンパウンドにはグリップを高める短鎖ポリマー(グリップポリマー)と、耐摩耗性に優れた長鎖ポリマ(マイレージポリマー)の2種を適宜最適化する セルフアダプティブコンパウンド を採用し、グリップと耐摩耗性を両立します。

 そして静粛性は、タイヤ縦溝内の空気によって発生する騒音波(気柱共鳴音)を遮断する ノイズブレーカー の強化バージョンである ノイズブレーカー2.0 を採用し、騒音レベルの更なる低減を図ります。

コンフォート内での差別化

 「UltraContact UC6」をコンフォートに配置することで差別化を明確にしないといけません。「ComfortContact CC6」は従来品「ComfortContact CC5」の後継。13 ~ 18インチの全32サイズで展開されます。これによりコンフォートスタンダードに位置付けます。

 一方「UltraContact UC6」は、コンフォートながらプレミアムに近い性能特性を期待します。この配置で適正を探りたいと思います。

詳細情報・購入

(2017.2更新)

コンチネンタル UltraContact UC6 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る