コンチネンタル UltraContact UC6

コンチネンタル UltraContact UC6 の特徴new

  • カテゴリー:コンフォート
  • サイズ:16~18インチ
  • 扁平率:65~45%
  • 発売:2017年2月

タイヤ性能

 コンチネンタルでは、アジア太平洋地域市場に向けられた第6世代となる製品として、「ComfortContact CC6」と同時投入を図ったのが「UltraContact UC6(ウルトラ・コンタクト・ユーシー6)」です。

 「UltraContact UC6」は新たな製品ラインアップを謳います。いずれも2016年9に中国・浙江省で発表されました。アジア太平洋地域市場向けを謳うのは中国が中心です。市場規模、重要性が日本を大きく上回る、ということかと。それに関連付けられた日本市場、の位置付けなら寂しい。

カテゴリー配置が難しい!

 新たなラインアップとなる「UltraContact UC6」は、16 ~ 18インチの全32サイズでスタートします。幅広い車種対応を謳いコンパクトカーからプレミアム、ミニバンまでをターゲットにしています。

 これが非常に悩ませる。コンパクトカーも謳うならスタンダードカテゴリー? と思うもサイズ設定からすると違うな。もっと上位では。ならプレミアム? ここには「ContiPremiumContact 5」が配置済みだし、2017年7月には「PremiumContact 6」が投入されます。

結局コンフォートへ

 Ultra(ウルトラ)の名称はハイレベルなパフォーマンスを意味するという。快適な乗り心地とオールラウンドな性能を実現する方向付けです。結論、オールラウンドに反応しコンフォートに配置します。

主張点は3つ

 主張される特徴はウェットとグリップ、そして静粛性の3点に集約されます。まずウェット路では、斜めに配置された アクアチャネル が水膜を縦溝に排水し、ここに追加された アクアドレナージ によって水を集約。トレッド内部に繋がる排水チューブによって水を縦溝に排出する ウォータースライダーシステム の構築で、ハイドロプレーニングを抑制しウェットグリップ性能を高めます。

 また ダイヤモンドエッジパターン の採用は、ブレーキング時のブロックの巻き込みを防止し接地面積を確保、制動距離の短縮を図ります。ウェットでもサイドウォール方向に効率的排水に貢献し、ウェットブレーキ向上に繋げます。

 コンパウンドにはグリップを高める短鎖ポリマー(グリップポリマー)と、耐摩耗性に優れた長鎖ポリマ(マイレージポリマー)の2種を適宜最適化する セルフアダプティブコンパウンド を採用し、グリップと耐摩耗性を両立します。

 そして静粛性は、タイヤ縦溝内の空気によって発生する騒音波(気柱共鳴音)を遮断する ノイズブレーカー の強化バージョンである ノイズブレーカー2.0 を採用し、騒音レベルの更なる低減を図ります。

コンフォート内での差別化

 「UltraContact UC6」をコンフォートに配置することで差別化を明確にしないといけません。「ComfortContact CC6」は従来品「ComfortContact CC5」の後継。13 ~ 18インチの全32サイズで展開されます。これによりコンフォートスタンダードに位置付けます。

 一方「UltraContact UC6」は、コンフォートながらプレミアムに近い性能特性を期待します。この配置で適正を探りたいと思います。

インプレッション

ちんねん さん
【購入年月】
2017年8月
【装着車種】
ステップワゴン(RK5)
【装着サイズ】
205/60 16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
【インプレッション】

ステップワゴン(RK5)装着しました。ミシュラン プライマシー3との比較になります。まず第一に感じたのがシッカリとした乗り心地でした。ミシュランはサイドウォールが柔らかくタイヤ自体でショックを吸収する感じでしたが、UC6はタイヤのたわみが少なくタイヤ剛性の高さを感じました。気になる突き上げ感もなく上質でカッチリとした乗り心地になり、高速道路でも安心して走行ができます。雨天時の走行も、水を逃がす穴があり、雨水を上手く排水しているようでとても安心感があり良好です。静粛性に関しても、耳障りなパタンノイズが明らかに減り、ミシュランよりも快適さが向上し同乗者からも好評です。また気になる耐摩耗性ですが初めて装着するメーカーなので不明ですが、期待したいところです。日本車ではあまりコンチネンタルタイヤを装着している方は少なく購入するのは躊躇すると思いますが、物作り大国ドイツのタイヤは全てにおいて高次元でレベルの高いです。間違いなく今まで装着したタイヤの中で最高のタイヤです。

(2017/8/7)

詳細情報・購入

(2017.8更新)

コンチネンタル UltraContact UC6 のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る