ダンロップ VEURO VE303

ダンロップ VEURO VE303 の特徴

  • カテゴリー:プレミアムコンフォート低燃費タイヤ
  • サイズ:15~20インチ
  • 扁平率:65~30%
  • 発売:2013年2月

タイヤ性能

 ダンロップ「VEURO VE303」は、「VEURO VE302」の後継となるプレミアムコンフォート低燃費タイヤです。「VEURO VE302」は特殊吸音スポンジ搭載による極上の静粛性が特徴でした。これを継承し進化した低燃費タイヤが「VEURO VE303」です。

 特殊吸音スポンジは、道路の継ぎ目などを通過した時に パコパコ となる残響音である 空洞共鳴音 を低減させる効果を謳います。元々は2006年にスポンジ入りタイヤとして「LE MANS LM703」に採用されたもの。その後スポンジの表面積を拡大し静粛性能向上を果たしたのが「VEURO VE302」です。このスポンジは「LE MANS LM703」から後継の「LE MANS4」へ、そして「VEURO VE302」から「VEURO VE303」へも継承されたことになります。

 今回のモデルチェンジでは待望の低燃費タイヤ化が果たされています。低発熱密着ゴム がシリカの結合力の高さを活かし、ゴムの不要な発熱を抑制することで実現しています。これにより「VEURO VE302」との比較では転がり抵抗が9%低減しています。ラベリング制度の転がり抵抗係数は「A」、ウェットグリップ性能は「b」を実現しました。

 その他の性能では、路面から伝わる様々な振動を抑制しロードノイズを低減する ハイブリッドバンド を採用、パターンノイズの原因となるラグ溝容積は55%少なく、パターンノイズの低減を狙った 新開発パターン も採用し、これら3つの効果によって更なる静粛性が訴えられています。従来品比較でロードノイズ19%、パターンノイズ11%の低減です。

 トレッド面はOUTの設置面積を53%、INを47%とすることで、サイド剛性の均一化などの効果で操縦安定性への拘りも高めています。耐磨耗性も向上し従来品比較で25%アップです。ウェット路面では、シリカの高い結合力を引き出し路面との密着性を高め、接地面積を増加させる 低発熱密着ゴム にウェットグリップ向上剤を新たに配合し、ウェットブレーキ性能の向上を果たしています。従来品比較で6%アップです。

 総合的な性能特性は耐磨耗性と静粛性に大きな伸びが見られます。一方、低燃費性能やウェット性能はラベリング制度のグレーディングから見て取れるように、突出したものにはなっていません。

 このことは先に低燃費タイヤ化しているプレミアムコンフォートカテゴリーでは同様の展開です。正直グレーディングだけではタイヤとしての優秀さは伺えません。タイヤ性能は 転がり抵抗低減 と ウェットブレーキ性能 のみで評価されるわけではなく、特にプレミアコンフォートはトータル性能の高さが重要となります。その追求がメインです。

インプレッション

イドさん さん
【購入年月】
2014年4月
【装着車種】
メルセデスベンツs350
【装着サイズ】
245/40R20
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 5
  • 4
  • 4
【インプレッション】

レグノGR-XTからの乗り換えです。20インチを履いたのでなるべく乗り心地の良いものをとレグノを選択しましたがこれが残念な結果でした。その後早々にVE303にしたので、その比較です。グリップやウエットはわかりません。元々タイヤが路面をグリップしないことは想像できませんし経験もありません。履き替えていちばんの違いは乗り心地でした。VE303はしっとり穏やかで荒れた路面を滑らかにしながら走行しているような感覚です。レグノはタイヤが重いのかドスンバタンと車を揺らして苦痛すら覚える時がありました。舗装の継ぎ目のショックもレグノが硬いショックを伝えましたが、VE303は少し角が丸くなって伝えているように感じます。ロードノイズは両者とも変わらず、取り立ててノイジーということはありませんでした。 別のサイズですがVE302の時経験したワンダリングはVE303では出なくてそれはレグノも同じです。総じてレグノやVE302の欠点を良い方向へ改善したのがVE303のような気がします。

(2016/10/21)
ナッツ さん
【購入年月】
2015年1月
【装着車種】
レクサスCT
【装着サイズ】
205/55/16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

レグノGRーXTからの履き替えです。レグノは、いまひとつ、これがレグノかと乗り心地等実感できませんでしたが、VE303は明らかに、ソフトな乗り心地、継ぎ目の静粛性等すばらしいと実感しました。今まで、レグノだけでしたが、明らかにVE303の方が優れていると思います。

(2015/8/3)
TDK さん
【購入年月】
2013年9月
【装着車種】
クラウン アスリート
【装着サイズ】
215/55/17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 3
  • 3
  • 5
【インプレッション】

プレミアム コンフォートタイヤで
注目を浴びているのは
レグノ VEURO プライマシー3の3つが最大手でしょうか。

泡銭で3つとも体験してみましたが
VEURO VE303が一番劣っていたように思います。

乗り心地 静粛性 グリップ
それでいてスポンジ入りなのでパンク修理キットが使えない。

そして特徴的だったのは一皮むけての変化がまったくない。
レグノ プライマシー3は2.300キロ走った後の
一皮向いての本領発揮がすごかったのに
(特にプライマシー3は新品時はそんなでも無かったのに
一皮向けてからは2ランクぐらい静粛性アップした)
VEUROはそのまま。
なにより一番びっくりした。

乗り心地 レグノ80点 プライマシー3 90点 VEURO 75点
静粛性 85点 95点 75点
グリップ 80点 85点 70点
ウエット 80点 85点 80点

もう少し努力するべきですね。
スポンジあっても負けてますよ。

(2015/3/16)
fwic5324 さん
【購入年月】
2014年8月
【装着車種】
SAI
【装着サイズ】
205/60R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
【インプレッション】

SAIは個人タクシーとして使用しているので、まだ走行距離は千キロ程ですが街中や首都高などいろいろな条件で走行します。
結論から言って、交換前のレグノに比べて劣る箇所は見当たりません。歩行者飛出しで急ブレーキも2度程経験しましたが見事にグリップしてくれました。静粛性については街中ではレグノと同等と思われますが跨線橋や高速の継目はこちらの方が優れていると思われます。
首都高の赤坂トンネル前後のカーブや新宿出口手前のカーブも全く不安を感じません(レグノも良かった)。
雨天の走行もしていますがレグノ同様安定した性能を感じます。
寿命を4としたのは、まだ走行距離が短いので判断できないからで、正直言えばレグノやアドバンより長持ちするのではと期待しています。
転がり抵抗については、街中営業中レグノより優れていると感じるのですが、タイヤが若干重いせいなのか燃費が伸びてはいません(悪くもなっていない)。
ショルダー(タイヤワックス塗る部分)のデザインはレグノの勝ち!知らない人が見ると安いタイヤと思われます、実際お安く装着してもらいましたが。

(2014/9/7)

詳細情報・購入

(2016.3更新)

ダンロップ VEURO VE303 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る