ファルケン EUROWINTER HS449

ファルケン EUROWINTER HS449 の特徴

  • カテゴリー:オールシーズンタイヤ
  • サイズ:14~18インチ
  • 扁平率:70~45%
  • 発売:2015年

タイヤ性能

 ファルケン「EUROWINTER HS449(ユーロウインター エイチエス449)」(以下「HS449」)は、2015年に国内導入を果たしたオールシーズンタイヤです。欧州では2012年から既に発売されており、国内導入はファルケンブランド強化の一環です。グッドイヤーとの提携解消で、海外での露出強化を図ると同時に国内でも新生ファルケンを強調します。

 国内市場はオールシーズンの普及に消極性があるものの、欧米では一般的製品カテゴリーとして注目されています。

 そんな中で「HS449」は、突然の雪にも対応でき、ドライ・ウェットで高い操縦安定性能を実現、スタッドレスへの交換の手間が省ける、という3つのメリットを謳います。サイドに欧州で冬用タイヤとして認証された スノーフレークマーク が刻印され、突然の雪にも安心、高速道路のチェーン規制にも対応した高性能オールシーズンを訴えます。

 しかしながら、そこは冬専用となるスタッドレスではありません。メーカーでも過酷な積雪や凍結路がある環境で走行する場合は、スタッドレスの使用を勧めています。また全車両チェーン装着規制では、いかなるタイヤ(スタッドレス含む)もチェーン装着が必要、と添えています。

 ということをまずは理解した上で「HS449」の性能を確認したい。まずはコンパウンドからかな。一般的なタイヤに比較してゴムの柔らかさが特徴となるのがスタッドレス、対してオールシーズンはどうよ。

 高密度シリカと新ポリマーを配合したコンパウンドを採用します。ゴム全体は剛く、接地面だけを柔らかく設定することに成功した特殊ゴムです。路面への密着性を高め接地面積が増大。多彩な路面コンディションに応じてグリップ力を発揮、また低温時の発熱とゴムの剛性を向上させ、ウエット性能と操縦安定性能の両立を図るという。

 パターンは、ワイドで長いラグ溝を数多く配置した方向性パターンを採用します。効果は雪を噛み排雪性をアップすること。更に太い主溝2本をセンター部へ刻み、排水性を向上しウエット性能向上も謳います。

 またブロック内部のサイプを山と谷の複雑な立体形状で形成した キャニオンサイプ を採用。サイプ同士が互いに支え合い、ブロックのヨレを防ぐことで接地面が増大し、雪路からドライ路まで安定した走行性能を強調します。

 日本国内は、冬場の走行環境に地域差あります。豪雪、そして厳しいアイスバーンに望まなければならない地域もあれば、一方ではほとんど降らないなど。また除雪対応が欧米とは異なります。従ってオールシーズンの普及は正直進んでいないのが現状では。

 しかしながら、非降雪地域でもスタッドレスの装着が推奨されるなど、冬場のタイヤ装着に対する発展的捉え方が進んでいます。オールシーズンの提案はまずここに向けられるべきかと。興味が得られる可能性は高いでしょうね。

詳細情報・購入

(2016.8更新)

ファルケン EUROWINTER HS449 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る