ファルケン AZENIS RT615K+

ファルケン AZENIS RT615K+ の特徴

  • カテゴリー:ピュアスポーツ
  • サイズ:17~18インチ
  • 扁平率:45~35%
  • 発売:2017年2月
(2018.2更新)

タイヤ性能

fk_615k+01

 ファルケン「AZENIS RT615K+(アゼニス アールティー615ケープラス)」は、従来品「AZENIS RT615K」の進化となる製品です。

 相反するグリップ性能と耐摩耗性能の2つをバランスよく向上させ、サーキットでの連続タイムアタックでも安定したLAPタイム向上を主張点とします。

+(プラス)進化はコンパウンド!

 トレッドデザインからは従来との違いが見えて来ません。プロファイルも同様かな。なら +(プラス)進化が意味するのはなんだろう? それはコンパウンドです。

 「AZENIS RT615K」をベースにレースで培った新添加剤で発熱量をアップしています。走り初めからトレッド面を素早く発熱し、高いグリップ性能を強力に発揮します。

 また高分子量ポリマーの採用は、ハードな連続アタックでも安定したLAPタイムを維持するという。コンパウンド進化で大きなアドバンテージを得たのが「AZENIS RT615K+」という訳です。

fk_615k+02

パターンは伝統を受け継ぐ

 踏襲するパターンは「AZENIS RT615」からとなるのかな。「AZENIS RT615K」に引き継がれ、今回も同様のパターンを維持します。

 このパターンは特徴的、一つのブロックに対して3本の横溝を刻むことでランド比を広く設定する 3in1高剛性ブロック を採用、接地面積が拡大し高いグリップ性能を実現します。

ファルケン強化の一環

 サイズ設定は、275/35R18 95W ~ 215/45R17 87W の9サイズです。徐々に拡大となるのかと思ったら1年経過しても変わらず。ただこのタイヤに注目出来るのは嬉しい。国内での低迷から相応の期間を経てファルケン強化が進んだ結果でしょう。グッドイヤーとの提携解除によっても得るものは大きかった。

 「AZENIS RT615K+」の血筋は北米からになるんでしょうが、それでもオーツによるファルケンの全盛が思い出されます。レースシーンに映る活躍は何とも懐かしい。

インプレッション

戦国bourbon さん
【購入年月】
2017年5月
【装着車種】
WRX STI GVB
【装着サイズ】
265/35R18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 3
  • 4
  • 2
  • 3
【インプレッション】

ストリート(通勤)&サーキット兼用で常時履いています。履き始めから1,600㎞走行、サーキット走行(20分枠×2回)と通勤ですが、サーキットではなかなかのハイグリップで限界も高かったです。走行後はタイヤがかなりベタベタしておりました。(ライフが短いかも)ストリートでは十分すぎるグリップで、山道等も安心して走行できました。但し走行音は大き目です。ウェット性能は、一度ゲリラ豪雨の中を走行しましたが、法定速度内であれば問題なく走れそうです。但し、雨の高速道路は速度を控えた方が良さそうな感じでした。(サーキットのウェットは未走行)

(2017/8/23)
首都高ランナー さん
【購入年月】
2017年1月
【装着車種】
147GTA
【装着サイズ】
225/45R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

まだ新しいせいか全てにおいていい感じ。熱の入りも早いし垂れない。およそ1000kmでかわむき完了なんでロングライフも期待できると思います。

(2017/5/25)

詳細情報・購入

ファルケン AZENIS RT615K+ のインプレッション募集中です