ファルケン ZIEX ZE914F

ファルケン ZIEX ZE914F の特徴

  • カテゴリー:コンフォート(低燃費)
  • サイズ:14~18インチ
  • 扁平率:65~35%
  • 発売:2016年2月

タイヤ性能

fk_914f01

 ファルケン「ZIEX ZE914F」は、コンフォート低燃費タイヤ「ZIEX ZE914」からウェット性能を向上させた進化系です。

 2014年8月にそれまでの「ZIEX ZE912」から低燃費タイヤ化を果たし、僅か1年半で更なる進化を遂げたことになります。

 「ZIEX ZE912」は従来製品となってから相応の経過が見られます。今回の進化でも既存として維持されており、更にサイズ設定も結構なものです。評判の良さがこの展開に繋がるも、そこは最新には及ばずです。

「F」はコンパウンドの進化

 従来品「ZIEX ZE914」との違いは「F」です。そう既にスタッドレスタイヤでも採用された「F」の名称を国内ライナップのメインにも採用します。で、「F」はコンパウンドの進化と捉えています。Fコンパウンド、でいいのかな?

新コンパウンドは発熱抑制に長ける

 新コンパウンドは発熱抑制に長けています。住友ゴムの素材先進技術 4D NANO DESIGN により開発した 新シリカ用変性ポリマー をトレッド部に採用、シリカとの接点を増やして結合を強めることで不要な発熱を抑え転がり抵抗を低減。ウェット性能を最大限に発揮させると同時にすぐれた低燃費性能を実現します。

 またハイスチレンタイプのポリマー(SBR)採用で、ウェットグリップ性能を大きく向上。路面への接地を良好に維持しながら、ウェットブレーキ性能を向上させています。

fk_914f02

コンパウンド進化はウェット性能向上

 今回低燃費性能を維持しながらウェットブレーキ性能を9%向上。その結果、ラベリング制度のウェットブレーキ性能は「c」から「a」へのアップが15サイズ、「b」へが44サイズ、全59サイズの展開です。

 住友ゴムが投入する新コンパウンドは評判がいい。スタッドレスタイヤで見られた Fコンパウンド は一定評価に繋がっています。そして夏タイヤにも同様の施策を展開する。僅か1年半での進化には相当自信があるのでしょう。

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ファルケン ZIEX ZE914F のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る