グッドイヤー EfficientGrip Performance(E-Grip Performance)

グッドイヤー EfficientGrip Performance の特徴

  • カテゴリー:プレミアムコンフォート(低燃費)
  • サイズ:15~18インチ
  • 扁平率:60~40%
  • 発売:2014年9月

タイヤ性能

 グッドイヤー「EfficientGrip Performance(エフィシエントグリップ パフォーマンス)」は、欧州グッドイヤーで開発されたプレミアムコンフォートタイヤです。国内でも導入が開始されています。

欧州グッドイヤーで開発

 「EfficientGrip Performance」は、グッドイヤー ルクセンブルグ テクニカルセンター で開発された商品です。先行販売する欧州では、輸入車ユーザーそしてハイブリッド車ユーザーもターゲットに、低燃費性能、ウェット性能、そして操縦安定性を強烈に訴えます。

 国内導入では低燃費タイヤの規定を満たします。ラベリング制度の転がり抵抗係数は「AA」(一部「A」)、ウェットグリップ性能は「a」です。注目はウェットグリップ性能でしょう。最高グレーディング「a」は高く評価したい。

ハイブリッドテクノロジー第4世代

 テクノロジーの主張は、グッドイヤーが誇るハイブリッドテクノロジー第4世代である G4 の搭載です。G4とは、①トレッドコントロール ②アクティブブレーキング ③フューエルセービング ④ノイズフレンドリー ⑤New パターン ⑥ロングライフ の技術総称です。

転がり抵抗低減とウェットグリップ

 ローリング・レジスタンス・コンパウンド と、ウェット・パフォーマンス・コンパウンド のプラス効果による、転がり抵抗低減とウェットグリップのバランス性能実現は、最も主張するところでは。

 発熱しやすいトレッド~ショルダー~ビード部は、発熱を抑える新素材 クールクッションレイヤー2 と 新チェーファーコンパウンド を採用し、転がり抵抗低減に貢献します。安全性の主張となるブレーキングは、ブロックの接地面積を増大させる 3次元ブロックデザイン を採用し、制動距離の短縮を向上させています。

 かなり複雑化した先進テクノロジーを採用し、欧州は勿論のこと日本国内での低燃費タイヤ規定にも沿うよう配慮された製品です。

E-Grip(いいグリップ)

 同社の国内ラインップでは「EAGLE LS PREMIUM」が存在します。ただ同製品は低燃費タイヤの規定を満たしておらず、今回併売によりカテゴリーラインアップの主張性向上を図ります。

 なお EfficientGripシリーズの充足により、E-Grip(いいグリップ)の略称がアナウンスされました。従いまして「EfficientGrip Performance」は「E-Grip Performance」でも表示されます。

インプレッション

くぅちゃんパパ さん
【購入年月】
2015年4月
【装着車種】
ルノービボップ
【装着サイズ】
205-60-R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

ミシュランセイバー ⇒ 同プライマシーLC ⇒ アドバンDBからの4代目。ウエット評価aの割に印象は低く、グリップ性能と共に平凡な印象。但し、乗り心地と静粛性は、平均点を上回る印象有り。特に寿命は、国産タイヤを上回る耐久性・摩耗状況で、5~6万㌔走破可能な印象有り。

(2016/2/28)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

グッドイヤー EfficientGrip Performance のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る