グッドイヤー EAGLE RS Sport S-SPEC

グッドイヤー EAGLE RS Sport S-SPEC の特徴

  • カテゴリー:ピュアスポーツ
  • サイズ:14~18インチ
  • 扁平率:60~35%
  • 発売:2015年2月
  • 2017年2月新コンパウンド採用

タイヤ性能

gy_rs-sp86-s_spc

 グッドイヤー「EAGLE RS Sport S-SPEC」は「EAGLE RS Sport」の後継、グリップ性能と高速走行における操縦安定性を高めたストリートラジアル・ハイブリップタイヤを謳います。

 「EAGLE RS Sport S-SPEC」は、従来のパターンデザインをそのままに、グリップ性能と高速走行における操縦安定性を高め、サーキット走行はもちろん、街乗りでも安定したハンドリングレスポンスを求めるユーザーをターゲットに指名します。

S-SPECコンパウンドを採用

 「RS Sport S-SPEC」の注目点は進化した S-SPECコンパウンド では。グリップ強化剤の配合を一新しグリップ性能をさらに進化させました。低温時からグリップ性能を発揮し安定性を維持します。

 また従来デザイン踏襲のトレッド部、サイド部には高剛性構造を採用、路面への接地面積が向上することで高出力、高速度車両に対応。高いコントロール性能とスポーツ走行性能を実現します。

「S-SPEC」の意味はこう!
gy_rs-sp86-s_spc02

 従来品との見た目の違いはサイドウォールに入るロゴです。「EAGLE RS Sport」の上に「S-SPEC」のロゴが入ります。

 「S-SPEC」は闘うタイヤのスピリットを凝縮し、走り出した直後からずば抜けたハイグリップを強調。発熱が早いにもかかわらず熱ダレに強く、グリップ力を長時間にわたりキープ。さらにラップを重ねてもタイヤがタレず、狙ったラインを自在にトレースします。

 モータースポーツに望まれる性能を高次元で備え、マシンを操る楽しさをハイレベルで実感出来るタイヤだというから、文言通りなら現在のドライグリップ戦争にまたひとつ新たなタイヤが投入されたことになります。

ドライグリップ戦争に加わる一品

 「S-SPEC」が POTENZA、ADVAN、DIREZZA の3ブランドに対して追随するのは、スポーツカテゴリー全体のレベルアップに大きく貢献します。エコ性能の普及過程はスポーツタイヤにとって暗黒時代、非常に寂しい展開が続きました。しかし、ようやくその呪縛から開放され、ここに新たな主張が見出されています。タイヤ好きにとっては最大興味です。

2017年新コンパウンド採用

 2017年2月から新コンパウンドの採用になりました。グリップ力をさらに強化してます。新コンパウンドの製造年週は「・・17」となります。なお新旧コンパウンド違いのタイヤを同軸上混用は控えて欲しい、ということです。

詳細情報・購入

(2017.3更新)

グッドイヤー EAGLE RS Sport S-SPEC のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る