グッドイヤー EAGLE RV-S ECO。タイヤの特徴について。

グッドイヤー EAGLE RV-S ECO の特徴

タイヤ性能

 グッドイヤー「EAGLE RV-S ECO」は、従来品「EAGLE RV-S」の後継となるミニバン専用低燃費タイヤです。

タイヤテクノロジー

 「EAGLE RV-S ECO」は、従来品「EAGLE RV-S」の運動性能と経済性、そしてウェットブレーキ性能を犠牲にすることなく、転がり抵抗を低減させたミニバン専用低燃費タイヤであることを謳います。

 「EAGLE RV-S ECO」は左右非対称パターンの採用です。ミニバン等の走行特性である偏磨耗や片減りに対する対策は、専用タイヤでは最も重要視されます。その対策として、IN側とOUT側のデザインを非対称にすることはセオリーと言えます。

 「EAGLE RV-S ECO」のIN側では、特にショルダーブロック剛性を向上させ内減りの抑制を図ります。OUT側は高付加に対応するため大型ブロックを配列し、腰砕けや外減りを抑制します。

 トレッド面全体はストレートリブパターンを採用し、4本あるソリッドリブは直進性へ貢献、静粛性も期待されます。

 また、低発熱NVRラバー(特殊防振ゴム)をベースコンパウンドに採用し、快適な走りを訴えます。

 これらの技術の採用により従来品比較では、転がり抵抗は24%低減し、ウェットブレーキ性能は同等であることが示されています。

 なお、ラベリング制度での転がり抵抗係数は「A」、ウェットブレーキ性能は「c」を達成しています。

 従来品「EAGLE RV-S 」は、走りへの期待感を示しスポーツミニバンタイヤにもポジショニングされています。この後継となる「EAGLE RV-S ECO」へも同様の性能は期待されます。

 低燃費タイヤにおいては、その特性から運動性能への拘りはやや薄れている印象があります。しかし、ミニバンタイヤの多様性を捉えればこの性能の実現は重要です。

 プレミアム性能やコンフォート性能に続き、スポーツ性能をも訴える「EAGLE RV-S ECO」がポジショニングされることで、ミニバン専用低燃費タイヤのラインアップはより充実したカテゴリーとなりそうです。

グッドイヤー EAGLE RV-S ECO の詳細情報・購入

                                     
ページの上へ
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画.com
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
関連サイト