ニューイング SNOW COVER

ニューイング SNOW COVER の特徴

  • 素材は3重層特殊構造繊維
  • 時速50km以下で200kmの耐久性
  • 14cm×31cmの専用パッケージに収納
  • 重量は最大約990g

タイヤチェーン性能

 ニューイング「SNOW COVER」は、取り付け簡単で雪道やアイスバーンでの効果を謳う布製のスノータイヤカバー、ドイツ テュフ(製品を検査する認証機関)の認定を得ている製品です。

 同様の製品として「オートソック」が有名。「オートソック」はホイールも覆ってしまう袋状の形態に対して、「SNOW COVER」はタイヤのみを覆う形態を採用しています。装着後の走行時にホイールへのダメージを少しでも無くそうという意図が感じられます。同じ布製スノータイヤカバーですので、差別化を示す意味でも有効と考えたのでは。実際チェーンの装着でホイールへのキズを嫌う人は多い。意味あると思います。

 「SNOW COVER」の性能は、雪道やアイスバーンで滑りの原因となる表面の水膜を、3重層特殊構造繊維が吸収します。これにより接地力を高め、雪道やアイスバーンでも安定したグリップ性能を発揮するということ。走行時はゴム製チェーンに比べ振動や走行音が圧倒的に静かであり、乗り心地でも優位性を示します。耐久性はメーカー指針で、時速50km以下で200kmが目安になります。最高速は時速50km以下と強調されています。

 取り付けはまず駆動輪に上半分をかぶせます。次にタイヤが反転する程度車を移動し、残りの部分が上にくるようにします。上にきたら残りの部分をかぶせ馴染ませます。両輪にかぶせて終了。片側約1分で装着できるということです。

 性能を最大限発揮するには、タイヤのトレッド面をしっかり覆っていることが前提。その為装着後は前後に数メートルずつ移動し、完全に覆っているいることをしっかり確認したい。

 収納は非常にコンパクト。14cm×31cmの専用パッケージに収まり、重量も左右ペアで最大約990gと軽量です。使用後汚れている場合は水洗いして乾かすだけ。面倒なメンテナンスは不要です。

 注意点は高速道路等における冬用タイヤやチェーン規制時。高速道路係官の判断により最悪は通行できない可能性もあるという。その辺りは曖昧です・・ この点は「オートソック」を含めこの種のタイプ全体に言えること。

詳細情報・購入

■ご注意
購入に際しては商品リンク先のショップで必ず装着可能かマッチングをお確かめ下さい。
(2016.9更新)

ニューイング SNOW COVER のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る