ピレリ Cinturato P7 BLUE

ピレリ Cinturato P7 BLUE の特徴

  • カテゴリー:プレミアムコンフォート低燃費タイヤ
  • サイズ:16~18インチ
  • 扁平率:60~40%
  • 発売:2013年(ラベリング制度2014年4月)

タイヤ性能

 ピレリ「Cinturato P7 BLUE(チントゥラート ピー7 ブルー)」は、実質「Cinturato P7」の後継といわれるプレミアムコンフォートタイヤです。2013年より国内導入が開始され、2014年4月から待望の国内ラベリング制度に対応、低燃費タイヤ化を果たしました。

低燃費タイヤのグレーディング

 低燃費タイヤの性能要件は、ラベリング制度で転がり抵抗係数が「A」以上、ウェットグリップ性能が「a」「b」「c」「d」の範囲内にあることです。「Cinturato P7 BLUE」は、転がり抵抗係数が「AA」(一部「A」)、ウェットグリップ性能が「a」です。これにより低燃費タイヤを謳うことが可能となります。

Cinturatoシリーズ

 ピレリのラインアップで Cinturatoシリーズは、P ZEROシリーズに比較しドライグリップでは劣ります。しかし、ウェットグリップでの得意性を得てトータル性能向上、転がり抵抗低減による省燃費も訴えます。シリーズとしてグリーンパフォーマンスコンフォートが共通テーマになります。

「BLUE」はウェットへの自信

 従来品「Cinturato P7」は、Cinturatoシリーズのフラッグシップに位置付けられ、プレミアムコンコンフォートカテゴリーに配置。シリーズ最高位を得た存在でした。

 そこから進化した「Cinturato P7 BLUE」は、欧州ラベリング制度で 転がり抵抗 と ウェットブレーキ で「AA」を得た最初の製品(一部サイズ)です。名称の「BLUE」はピレリがF1へ供給するウェットタイヤに因んでのこと。ウェットグリップへの自信を伺わせるものです。

先進テクノロジー

 技術で示されるのは革新的なトレッドコンパウンド、これは優れたハンドリングとウェットでのグリップ及びブレーキングに大きな影響を与えます。また接地圧分布の均等化によるロングライフ、高剛性カーカス採用では変形を抑制、そしてエネルギー分散低減など、転がり抵抗低減へ確実に導きます。また4本のストレートグルーブは最も主張性が強いウェットへの効果を誇ります。

ターゲット

 ターゲットはミディアムからラージサルーンへ向けられ、高性能車への貢献を強調しています。今回の国内低燃費タイヤ規格適合はピレリでは初となり、期待と興味は最大化しています。

 気になるのはいつものこと、そう設定サイズです。低燃費タイヤ化で若干サイズ拡大が図られ、国内向けに示されるサイズ設定として当初より受け入れやすくなったのでは。

インプレッション

ドレミ さん
【購入年月】
2016年3月
【装着車種】
Golf5GTI
【装着サイズ】
225/40R18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 4
  • 5
【インプレッション】

ゴルフ5GTIで家族持ちでコンフォート思考の方にピッタリのタイヤです
6年前のダンロップの同カテゴリーからの交換ですが全ての面で上回っています
雨天時の走行性能が特に素晴らしいです

(2016/4/3)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ピレリ Cinturato P7 BLUE のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る