ピレリ DRAGON SPORT

ピレリ DRAGON SPORT の特徴

  • カテゴリー:スポーツコンフォート
  • サイズ:17~20インチ
  • 扁平率:45~30%
  • 発売:2016年4月

タイヤ性能

p_d-s01

 ピレリ「DRAGON SPORT(ドラゴン スポーツ)」は、スポーツコンフォートカテゴリーに配置される「DRAGON」の後継です。発表は中国 上海で行われました。この意味はAPAC(アジアパシフィック)市場向けを強調するため。

 2016年ウルトラハイパフォーマンスとなる「P ZERO」もモデルチェンジを受け、新たな展開を実現しました。「P ZERO」と同じテクノロジーで開発されたタイヤであると同時に、APACの市場特性から生まれるニーズに対応するのが「DRAGON SPORT」です。

APACのニーズは性能と価格の両立

 APACのニーズはより日常的な使用感の高まりです。主にミドルクラスの車種へ向けられたものとして、街中での快適性、安全性、低燃費など基本性能の高レベル化、更にはスポーツ性能と安全性能の向上を求めます。要はライトスポーツとしての性能と価格双方を満たす、実はここが最大主張点となるのでは。

サイドに刻印される ドラゴンマーク

 「DRAGON SPORT」のコンパウンドは、ピレリ独自の新世代ポリマー採用のUHP用コンパウンドを採用、転がり抵抗、スポーツドライビングおよび安全性などバランス性能が確保され、特にウェットでのハンドリング性能が向上しています。また、剛性感を損なうことなく軽量化を実現、快適性をも高めます。

 トレッドデザインは、左右で異なる性能を担います。OUT側のショルダー・リブはグリップ力に拘り、横溝がトラクションとブレーキング性能に大きな影響を与えます。IN側のショルダー・リブは、熱の発生を回避しつつブレーキ性能の最適化に寄与します。

 縦溝は4本、効率的排水性を実現しウェット路面での安全性を高めます。サイドに刻印される ドラゴンマーク は見た目にも力強さを演出します。

価格展開に注目

 「DRAGON」の後継にはかつて「Cinturato P1」も謳われました。しかし、「DRAGON SPORT」の発売で流れは明確になりました。双方スポーツコンフォートに位置するも運動性能への期待はこちら「DRAGON SPORT」へ。

 更には価格へも注目して欲しい。これが超素敵です。やはりAPAC市場へ向けられた製品はここ外せない。

タイヤ動画

インプレッション

ベルタン さん
【購入年月】
2017年4月
【装着車種】
ゴルフ7 ハイラインTSI
【装着サイズ】
225/45R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3
  • 4
【インプレッション】

車検でタイヤ交換が必要で中国製だとは知りつつも一応ピレリだからというミーハーな選択で一番安いこれを通販で購入しました。結果大正解でした。OEが少しコンフォート寄りのピレリCINTURATO P7だったのですが摩耗が進んでいたこともあり、ウエットでの安心感、やコーナーでの剛性感、乗り心地はとても向上しました。音は少し出ていますね。応答性はシャープではないと思いますが自分のクルマには合っています。
寿命は分かりませんので予想です。

(2017/8/23)
ハーロック さん
【購入年月】
2017年6月
【装着車種】
クラウンターボ ARS210
【装着サイズ】
225/45/18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
【インプレッション】

純正ポテンザ050Aからの買換えです。あまりの安さに最初は不安でした。1000キロ余り走りましたがグリップ性能は良いです。横の剛性も大丈夫です。雨も問題なし。乗り心地はSPORTよりもコンフォートです。転がりラベリングAです。静粛性は純正より静かです。寿命はまだ分かりませんがポテンザみたいなタイヤではないので無理な走りをしなければ30000キロ位は行けるでしょう。ポテンザの半額で買えるのでオススメです。

(2017/6/8)

詳細情報・購入

(2017.8更新)

ピレリ DRAGON SPORT のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る