ピレリ DRAGON SPORT

ピレリ DRAGON SPORT の特徴

  • カテゴリー:スポーツコンフォートタイヤ
  • サイズ:17~20インチ
  • 扁平率:45~30%
  • 発売:2016年4月

タイヤ性能

p_d-s01

 ピレリ「DRAGON SPORT(ドラゴン スポーツ)」は、スポーツコンフォートカテゴリーに配置される「DRAGON」の後継です。発表は中国 上海で行われました。この意味はAPAC(アジアパシフィック)市場向けを強調するため。

 2016年ウルトラハイパフォーマンスとなる「P ZERO」もモデルチェンジを受け、新たな展開を実現しました。「P ZERO」と同じテクノロジーで開発されたタイヤであると同時に、APACの市場特性から生まれるニーズに対応するのが「DRAGON SPORT」です。

APACのニーズは性能と価格の両立

 APACのニーズはより日常的な使用感の高まりです。主にミドルクラスの車種へ向けられたものとして、街中での快適性、安全性、低燃費など基本性能の高レベル化、更にはスポーツ性能と安全性能の向上を求めます。要はライトスポーツとしての性能と価格双方を満たす、実はここが最大主張点となるのでは。

サイドに刻印される ドラゴンマーク

 「DRAGON SPORT」のコンパウンドは、ピレリ独自の新世代ポリマー採用のUHP用コンパウンドを採用、転がり抵抗、スポーツドライビングおよび安全性などバランス性能が確保され、特にウェットでのハンドリング性能が向上しています。また、剛性感を損なうことなく軽量化を実現、快適性をも高めます。

 トレッドデザインは、左右で異なる性能を担います。OUT側のショルダー・リブはグリップ力に拘り、横溝がトラクションとブレーキング性能に大きな影響を与えます。IN側のショルダー・リブは、熱の発生を回避しつつブレーキ性能の最適化に寄与します。

 縦溝は4本、効率的排水性を実現しウェット路面での安全性を高めます。サイドに刻印される ドラゴンマーク は見た目にも力強さを演出します。

価格展開に注目

 「DRAGON」の後継にはかつて「Cinturato P1」も謳われました。しかし、「DRAGON SPORT」の発売で流れは明確になりました。双方スポーツコンフォートに位置するも運動性能への期待はこちら「DRAGON SPORT」へ。

 更には価格へも注目して欲しい。これが超素敵です。やはりAPAC市場へ向けられた製品はここ外せない。

タイヤ動画

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ピレリ DRAGON SPORT のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る