ピレリ P ZERO NERO GT

ピレリ P ZERO NERO GT の特徴

  • カテゴリー:プレミアムスポーツ
  • サイズ:16~22インチ
  • 扁平率:50~25%
  • 発売:2013年

タイヤ性能

 ピレリ「P ZERO NERO GT(ピー ゼロ ネロ ジーティー)」はスポーツカテゴリーに括ります。P ZEROシリーズは、いずれもウルトラ・ハイ・パフォーマンスとしての性能を展開します。「P ZERO NERO GT」においてもその追求に変化無しです。

コンパウンドの変更

 「P ZERO NERO GT」は「P ZERO NERO」からの進化を謳います。パターンデザインは従来を維持し、コンパウンド系の変更を実践、運動性能と快適性のパフォーマンス向上に努めました。

P ZEROシリーズ

 P ZEROシリーズは、独特なトレッドパターンにより性能向上が謳われます。ピレリのライナップでは最高位に位置し、スーパーカーに標準を合わせるなど展開レベルは非常に高いと言えます。

 例えば、「P ZERO」はピレリのタイヤ開発における基本形。パフォーマンス重視のパワフルなモデルのほとんどで新車装着承認を受けています。また「P ZERO ROSSO」、ROSSO はイタリア語で赤を意味し、イタリアのモータースポーツを象徴する色。超高性能スポーツカーをも対象にし快適性も高い。「P ZERO CORSA」は、サーキット走行を意識したスーパースポーツカー向けに設計され、究極レベルのハンドリングを実現します。

 そして「P ZERO NERO GT」は、重量級のハイパワースポーツカーやセダンにも対応するオールラウンド性の高い高性能タイヤ、となる訳です。序列は下位に位置付けられるけれど、それでも決して大きく見劣りするタイヤではありません。

搭載技術は複雑化

 「P ZERO NERO GT」のトレッドパターンは、くさび形が連続するような変則的溝を有する左右非対称パターンを採用しています。ノイズ低減とハイドロプレーニングを抑えることが狙いです。

 コンパウンドは熱変化に長けており、厳しい路面コンディションにも高い性能の維持が図られるという。接地圧の均一化も十分で、運動性能、そして快適性と静粛性に貢献します。

 高荷重に耐えられるよう耐荷重設計が基本となり、高速走行時でもタイヤの変形を抑えることで安定したハンドリング性能を発揮し、高出力のスポーツカーやセダンでも力負けすることがない剛性感を誇ります。摩耗末期まで安定した性能と快適性が謳われます。

価格も期待出来る?

 大口径インチアップにも使えるウルトラロープロファイルサイズも用意され、高級感の演出に十分耐えられるタイヤです。見た目の変更を行わず、コンパウンド系の進化を実践するのは最近の風潮です。国内外のメジャーメーカーではこの施策により性能向上は勿論、価格面での期待感も誘います。

インプレッション

8マン さん
【購入年月】
2016年7月
【装着車種】
RX-8
【装着サイズ】
225/40/19
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
  • 3
【インプレッション】

純正ポテンザからの履き替え。
全てにおいてしなやかになった感じがあります。
ハイグリップタイヤにありがちの硬さも無くどんなシュチュエーションでも対応できるタイヤだと思う。
グリップ力もサーキットを走らない自分には十分で峠レベルでは鳴かす事も出来ません(昔みたいにやんちゃな走りはしませんが…)
19インチでスポーツタイヤで破格の値段。
ピレリ気に入ってカミさんのAクラスにもP1を入れました。
国産タイヤに拘りが無ければオススメです。

(2017/5/5)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ピレリ P ZERO NERO GT のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る