トーヨー PROXES C1S SPEC-a

トーヨー PROXES C1S SPEC-a の特徴

  • カテゴリー:プレミアムコンフォート(低燃費)
  • サイズ:17~19インチ
  • 扁平率:55~40%
  • 発売:2014年9月

タイヤ性能

 トーヨー「PROXES C1S SPEC-a(プロクセス シーワンエス スペックエー)」は、従来品「PROXES C1S」の低燃費タイヤ化です。フラッグシップ PROXES シリーズのプレミアムタイヤとして、待望の進化を果たしました。

低燃費タイヤのレベル

 まず確認はラベリング制度のグレーディングかと。転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「a」となります。他のプレミアム低燃費タイヤ同様転がり抵抗係数は控えめながら、ウェットグリップ性能は最高グレーディングを達成しています。ここ注目では。

Nano Balance Technology

 2009年に発売された従来品「PROXES C1S」は、高い静粛性と上質な乗り心地、高速走行時の優れた安定性を謳います。しかしながら、ラベリング制度では「B/c」および「C/c」となり、低燃費タイヤではありません。

 「PROXES C1S SPEC-a」の低燃費タイヤ化実現には、トーヨー独自の最新テクノロジー Nano Balance Technology を駆使していることが大きい。既にトーヨーにおける規定技術となり、高度化された性能実現には欠かせません。

バランス性能の両立

 Nano Balance Technology によりトレッドコンパウンドの スーパーアクティブポリマー と、タイヤ構造での スーパーハイターンアップ構造 + スリムボディ を実現。また高いウェットグリップ性能を発揮する スーパーグリップポリマー をも採用し、転がり抵抗の低減と耐摩耗性のバランス、高位のウェット性能を達成しています。

従来品比較

 従来品との比較では、転がり抵抗を15%低減し、ウェット制動距離を12%短縮しています。やはり数値的にも向上効果は大きい。特に「PROXES CIS」で培った静粛性能はそのままに、最高のウェットグリップ性能「a」を搭載している点を評価したい。

インプレッション

エル0519 さん
【購入年月】
2016年6月
【装着車種】
日産ティアナ
【装着サイズ】
215-55-17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
【インプレッション】

目の細かな路面では一際静かに走り
目の粗いところとの音の差が少ないです。
ギャップの直前で体を硬くしてのですが
そうはしなくても良いやさしい乗り心地に
なりました。

(2016/6/13)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

トーヨー PROXES C1S SPEC-a のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る