バイセンフェルス バイスソック

バイセンフェルス バイスソック の特徴

  • 素材は特殊合成繊維(ポリエステル)
  • 時速50km以下での走行厳守
  • 汚れたら水で洗うだけ
  • 軽量コンパクト設計で収納もらくらく

 タイヤチェーン性能

 バイセンフェルス「バイスソック」は、ドイツの「TUV(テュフ)」及びオーストリア・スノーチェーン規格「ÖNORM」の認定を謳います。特徴は取り付けの簡単さ、そして振動が少ないことで静粛性に優れ、快適な乗り心地を訴えています。

 「バイスソック」のトレッド面は、高いトラクションを得ることができるようリブ(畝(うね))構造の特殊合成繊維(ポリエステル)を採用し、氷雪路でのグリップ性能を発揮します。サイド部は強度の高いメッシュタイプで、素材はトレッド面同様に撥水性・通気性に優れた特殊合成繊維(ポリエステル)です。

 タイヤに被せる「バイスソック」ですが、国内でもこのタイプは非金属チェーンに次いでその人気は高まりつつあります。理由はやはり装着の簡単さ、そしてトレッド面の素材等の性質から静粛性に優れていることでしょう。

 装着は至って簡単です。まずは平坦な場所に車を止め、「バイスソック」のゴムの部分を広げタイヤの上から被せます。反対側も同じように行います。次にタイヤの下の部分が上にくるようにタイヤ半回転ほど車を動かし、残りの部分を被せなじませたらまた反対側も同じように。両方被せたら終了です。

 この時の注意点としては、タイヤに小石等の異物が挟まっていないかを確認、もし挟まっている場合は取り除くこと。異物は異常磨耗や破損の原因になります。装着後は200~300mの予備走行を行い、異常が無い事を確認すること、となっています。

 走行は時速50km未満を厳守。それ以上での走行は「バイスソック」が切れたり外れたりして、重大な事故につながる危険性があります。駐車の際(特に屋外、夜間)には必ず「バイスソック」を取り外すこと。路面と「バイスソック」が固着し、「バイスソック」の破損を誘発する原因となります。

 寿命は「バイスソック」のトレッド部の繊維がほつれ切れ始めた時や、黒色ゴムバンド部(装着車輪の裏側)の弾力が落ち締め付け力が弱くなった時。これらの症状が見られたら寿命と判断し使用中止です。使用後汚れがひどい場合はきれいな水で汚れを落とし、自然乾燥させてから収納バッグへ。洗濯機は使用しないこと。

 高速道路のチェーン規制時には、現場係官の指示に従ってくださいという表示が見られる通りで、チェーンという位置付けにはやや曖昧さが払拭できていません。このことは「バイスソック」に限らずすべての布製タイヤカバーに該当し、ユーザーにとってはやや混乱が抱かれそうですが・・

 それでも装着の簡単さと快適性は魅力です。実際の効きに対しても、雪路、アイスバーンともかなり安心感を与えてくれそうです。

詳細情報・購入

■ご注意
購入に際しては商品リンク先のショップで必ず装着可能かマッチングをお確かめ下さい。
(2016.9更新)

バイセンフェルス バイスソック のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る