ヨコハマ BluEarth AE-01

ヨコハマ BluEarth AE-01 の特徴

  • カテゴリー:スタンダード低燃費タイヤ 
  • サイズ:13~16インチ
  • 扁平率:80~50%
  • 発売:2010年7月

タイヤ性能

 ヨコハマでは 環境+人に優しい をコンセプトにした BluEarth を立ち上げ、その第一弾商品として投入を果たしたのが低燃費タイヤ「BluEarth AE-01」です。

 BluEarth とは、地球環境に良く、快適であり便利なタイヤとは何か? を、使う人の視点から考えたタイヤづくりを進めるグローバルコンセプトとして、世界的展開をしています。この考えによって発売された「BluEarth AE-01」は、低燃費タイヤとして転がり抵抗係数が「AA」、ウェットグリップ性能が「c」を実現します。「AA」の低燃費タイヤをもっと身近に をテーマとしており、より多くのユーザーに使用してもらうため、販売量の多い量販ゾーンにて展開する、としています。

 実際コンパクトカーや軽カーなどを対象に、13インチ~16インチ、50~80の設定で、年間150万本の販売目標です。この為、タイヤカテゴリーもスタンダードへポジショニングしています。

 「BluEarth AE-01」のテクノロジーは、ヨコハマ得意のオレンジオイルを今回も採用。オレンジオイルは、従来品の「DNA Earth-1」や「DNA dB Super E-spec」に採用されすでにその効果は実証済み。オレンジオイルはタイヤの表面をしなやかにする役割を担い、ミクロレベルで路面の微細な突起に密着します。この効果で接地面積は拡大し、摩擦力を高めグリップ力、特にウェットグリップ性能を高めます。

 「BluEarth AE-01」にとってはこのオレンジオイルもテクノロジーのひとつ。ナノレベルでの技術開発は、オレンジオイルの他、低燃費性能を向上させる新開発の低発熱ポリマー、そしてシリカを配合した専用ナノパワーゴムを誕生させ、低燃費、対磨耗、ウェットグリップなどの性能を実現しているのです。

 また専用のトレッドパターンも開発され、エネルギーロスを低減し低燃費性能を向上させ、ウェット性能と偏磨耗抑制を両立、更に走行時のノイズを低減するなどの効果も謳います。これにより転がり抵抗は従来品「DNA ECOS」に比較し24%低減、ウェット性能も両立しています。また静粛性と快適な乗心地を確保、車外へのタイヤノイズ(通過音)も大幅に低減し、周辺環境へも配慮していることが示されます。

 ヨコハマでは今まで DNAシリーズがエコタイヤを牽引してきました。そのトップに位置するのが「DNA dB Super E-spec」、その汎用タイプが「DNA Earth-1」でした。BlueEarth は DNA の進化を謳っていますので、ヨコハマの商品ラインアップに新たなポジショニングが設定されています。

インプレッション

ぶっちー さん
【購入年月】
2012年7月
【装着車種】
デミオ
【装着サイズ】
175/60R14
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

私の車は、2001年登録の初代デミオ(GL1500CCMT・144000キロ走行)です。スニーカーでは、ガソリン満タン法で、高速使用時の最高燃費が、15.2キロ/リットルでした。
今回、100キロの慣らしが終わったので、一般道での群馬県伊勢崎~沼田(吹き割の滝)市街地走行:郊外走行=4:6(246キロ)を走ってみましたが、ガソリン満タン法で、16キロ/リットルを記録しました。

発進時、急加速しない。スピードが上がったら、アクセル調節をして、一定速度・エンジン回転を保つ。停車する時、タイヤの転がりを利用しながら、エンジンブレーキを使う。などのエコ運転に徹しての走行でしたが、10・15モード燃費17.2キロカタログスペックにしては、良い数字だと思います。

タイヤ交換は、またタイヤ館でと思い、スニーカー2エコピアで、見積もりをしたら、46500円だったので、BS以外で物色したところ、タイヤガーデンで見積もり金額が、44000円だったので、購入を決めました。

経年劣化でどの位、静粛性と燃費が変わるか判りませんが、なかなか良いタイヤだと思います。

(2012/8/13)
コペ さん
【購入年月】
2012年5月
【装着車種】
ダイハツ コペン
【装着サイズ】
165/50R15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能 5
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

コペンMT。
通常燃費が18km/Lの所、交換後は20km/Lに改善。
軽量低重心の車なのでグリップは全く問題無し。
元々サスが硬いのとマフラー交換済の為、乗り心地と静粛性は不明(標準タイヤと変わらない)。
交換したばかりなので寿命も不明。

(2012/7/17)

詳細情報・購入

(2016.3更新)

ヨコハマ BluEarth AE-01 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る