ヨコハマ BluEarth-1 EF20

ヨコハマ BluEarth-1 EF20 の特徴

  • カテゴリー:コンフォート低燃費タイヤ
  • サイズ:15インチ
  • 扁平率:65%
  • 発売:2013年7月

タイヤ性能

 ヨコハマ「BluEarth-1 EF20(ブルーアース ワン イーエフ20)」は、BluEarthシリーズのフラッグシップとしてポジショニングされました。転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」の最高グレーディングを達成しています。

「AAA/a」を達成

 「BluEarth-1 EF20」は、従来品となる「BluEarth-1 AAA spec」の進化形です。従来の転がり抵抗係数「AAA」を維持しながらも、ウェットグリップ性能を「c」から「a」に引き上げたことが最大の特徴です。ブリヂストンとトーヨでは2012年シーズンに「AAA/a」を実現しており、「BluEarth-1 EF20」はそれに次ぐ進化です。

最高性能を実現する技術

 テクノロジーでは「AAA」の低燃費性能を損なうことなく、ウェットグリップ性能を大幅に向上させたことに注目します。ナノブレンドゴム を世界最高性能の大型放射光施設 SPring-8 で検証し、より精密に、より高性能にチューンアップすることで最高峰の性能を実現しました。

 また、接地面積を拡大した非対称トレッドパターンが高いウェットグリップと剛性を発揮し、燃費向上に貢献する ディンプルサイドデザイン や フラットロゴデザイン も採用。プロファイルも見直し 多目的遺伝的アルゴリズム を導入し専用の低燃費構造を開発しているという。

 更に空気漏れを抑制する素材 AIRTEX Advanced liner や、ロードノイズを低減する サイレントリング を踏襲、静粛性にも配慮した低燃費タイヤであることを訴えます。とにかく凄そうですね。

技術披露の位置付けも

 「AAA/a」は転がり抵抗低減とウェットグリップという相反する性能を最高レベルで達成した製品です。各メーカーの低燃費タイヤラインアップではフラッグシップに位置付けられ、技術アピールの役割も果たします。

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ヨコハマ BluEarth-1 EF20 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る