ヨコハマ ECOS ES31

ヨコハマ ECOS ES31 の特徴

  • カテゴリー:スタンダード低燃費タイヤ
  • サイズ:13~18インチ
  • 扁平率:80~45%
  • 発売:2013年3月

タイヤ性能

 ヨコハマ「ECOS ES31(エコス イーエス31)」は、スタンダード「DNA ECOS」の後継となる低燃費タイヤです。低燃費、ウェットグリップ、耐摩耗性の向上を強く謳います。

低燃費タイヤへ進化

 2001年に DNAシリーズのスタンダードとして発売された従来品「DNA ECOS」、今日までに累計出荷本数3,400万本超の実績だという。ここに BluEarthテクノロジーを注入、低燃費タイヤ化を果たしたのが「ECOS ES31」です。

 ラベリング制度は、転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「c」を実現します。その証としてタイヤサイドには BluEarthテクノロジーマーク を刻印しています。

BluEarthテクノロジーとは?

 BluEarthテクノロジー はコンパウンドに ナノブレンドゴム が採用され、通常走行時は発熱を抑制、逆にカーブや制動時などでは発熱を促し路面のグリップ力を高めます。耐摩耗性という点でも優れ、ライフ性能向上へ繋がります。

 トレッドパターンは、センターリブを備えた4本の縦溝を採用、セカンドリブは縦長のブロックとのコンビネーションを組み、ショルダーにはブロックを貫通させないラグ溝を採用した非貫通サイレントグルーブを配しています。

 新パターンの採用により、排水性や高速安定性、耐摩耗性や操縦安定などの性能向上が実現。更にサイドロゴデザインは凹凸を少なくし、空気抵抗にも配慮しています。

従来品比較

 従来品「DNA ECOS」との比較では、転がり抵抗11.5%低減、ドライ制動性能3.6%向上、ウェット制動性能14.1%向上、ウェット操縦安定性(ラップタイム)5.8%向上を訴えます。

インプレッション

flat さん
【購入年月】
2015年7月
【装着車種】
マーチ AK12
【装着サイズ】
175/60R15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】

コストダウンのせいか、出荷時にスピューと呼ばれる空気抜き穴による「ひげ」の処理が充分されていません。つまりハリネズミのような状態。これが原因か、乗り出した時にざらついた感覚があり、またエコタイヤとしての転がる感覚もほとんどありませんでした。1000kmくらい走行して始めて、「エコタイヤの良く転がる感覚」がようやく出てきました。タイヤとしてはまさしくスタンダード。鬼のようなグリップや剛性感とは無縁ですが、通常の走行では何の過不足もありません。エコタイヤとしての固さもなく、騒音も十分抑えられています。

(2016/7/10)
うるさい さん
【購入年月】
2016年4月
【装着車種】
ワゴンR
【装着サイズ】
155 65 13
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 1
  • 1
  • 4
【インプレッション】

とにかくうるさい
国産メーカーでヨコハマタイヤ
履いてみたらガーゴー凄い騒音
買って失敗しました
メーカーに問い合わせてもダメ
もう絶対ヨコハマは買わない

(2016/5/12)
チョコマン2号 さん
【購入年月】
2014年8月
【装着車種】
シルフィ
【装着サイズ】
185/65/15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 2
  • 1
  • 4
【インプレッション】

安かったので、通勤用、たまのドライブと割り切り購入しました。BSスニーカー2からの履き替えです。第一印象は、とにかくうるさい、静粛性なし、最近の撥水路面はザーザーガーガーとノイズがひどい。昔のコンクリートのようなアスファルトだとそれなり。硬いタイヤで路面をかじっている感覚です。逆に転がり抵抗は少なく、燃費も平均1キロアップ。惰性走行が効きます。乗り心地は硬いです。多少の凹凸でもガツンとはねます。セダンには向きませんでした。値段なりです。エコタイヤは硬くする事で効果を出していると感じますが、その他の性能が犠牲になりがちと思いました。

(2015/4/27)
pixis さん
【購入年月】
2015年3月
【装着車種】
ピクシススペース
【装着サイズ】
155/65R14
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
【インプレッション】

ピレリCinturatoP4がひび割れが想像以上にひどく、夏タイヤへ交換時に購入を決意。某スタンドで込み込み2万円。乗り心地、静粛性は想像以上の出来かと思います。ピレリに比べロードインフォメーションが少ないのは仕方ないところでしょうか。しかしこの値段でこの性能は◎。

(2015/3/31)
S13 さん
【購入年月】
2013年11月
【装着車種】
B30
【装着サイズ】
215/55R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】

従来、ES300を使用した際、静かで乗り心地がとてもよく、これ以上のタイヤは不要(峠を攻めなければ)と感じていました。
今回のES31ですが、更にグリップと燃費を向上させたものと誤解し、期待しすぎていたため、騒音と乗り心地の悪化にがっかりしてしまいました。
路面のひび割れを硬い表面でたたくような音質が強くなっている。
コーナーでのヨレ、ゆれが強くなっている。
あくまで比較です。絶対値としてはおそらくスタンダードです。
ES300が優秀すぎたのでしょう。
LM703も使用しましたが、グリップだけは良かったですが、騒音うるさいし乗り心地も比較してはいけないくらい最悪です。
燃費は純正ASPECが13.5、ES300が12.5、ES31は13.0km/リットルでした。

(2013/12/14)

詳細情報・購入

(2017.2更新)

ヨコハマ ECOS ES31 のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る