ヨコハマ GEOLANDAR A/T G015 の特徴

(2018.3更新)

製品情報

 ヨコハマ「GEOLANDAR A/T G015(ジオランダ― エイティ ジー015)」は、オン・オフ対応のA/T(オールテレーン)です。1996年に誕生し2016年で20年になったGEOLANDAR、これを記念した製品でもあります。シリーズ名の GEO はギリシャ語で地球、LAND は英語で大地を表します。地球上のあらゆる大地を走破する、その想いを込めた製品です。

 従来品「GEOLANDAR A/T-S」は2006年発売です。評価を高めながらもさすがに基本デザインオの古さは感じられるところ。なので今回は待望の投入でもあるんです。

 「GEOLANDAR A/T G015」のターゲットはアクティブなライフスタイルを楽しむドライバー。オフロードの走破性と耐久性を向上、しかもオンロードの快適性や静粛性も高めるなど、実現の為にトレッドパターンからコンパウンドまで全てを一新した、というから期待していいのでは。

攻め を刻んだ新パターン

 パターンは アグレッシブ・パターン を新開発しました。ラグ溝の面積比率を高めることでオフロード、スノー路面でのトラクション性能を向上。独自開発の3Dサイプは3段ピラミッド状になった立体サイプでトレッドブロックの倒れ込みを抑制、ドライ路面では高い剛性を発揮しウェット路面では優れたエッジ効果を発揮します。攻め の意志を刻んだ新パターンです。

 構造とプロファイルもチューンアップ。専用プロファイルは、センターの接地長を短くするとともに、ショルダー部のラグ溝部分の接地性を向上させ、オフロードでは高いトラクション性能を発揮、オンロードでは高速走行時にも安心感を持たせます。耐摩耗性にも優れます。

 コンパウンドは、オレンジオイル配合などヨコハマの先進技術を結集、摩耗に強く、路面の温度変化にも強い「GEOLANDAR A/T G015」専用コンパウンドを開発。A/Tに相応しく、多様な路面環境に対応する新コンパウンドです。

 一新されたテクノロジーで従来品「GEOLANDAR A/T-S」に比較して向上効果はやはり大きい。耐摩耗性能17%、ウェット制動性能4%、パターンノイズ性能22%(騒音エネルギー低減率)、ロードノイズ性能11%(騒音エネルギー低減率)など多岐に渡る向上を実現しています。

タイヤ動画

詳細情報・購入

ヨコハマ GEOLANDAR A/T G015 のインプレッション募集中です