ヨコハマ iceGUARD 5 PLUS

ヨコハマ iceGUARD 5 PLUS の特徴

  • カテゴリー:スタッドレス
  • サイズ:12~19インチ
  • 扁平率:80~35%
  • 発売:2015年8月

タイヤ性能

 ヨコハマ「iceGUARD 5 PLUS(アイスガード 5 プラス)」は2015年投入で3シーズン目となります。従来品「iceGUARD 5」の後継を謳い、氷に効く、永く効く、燃費に効く は継承、拘ったのはこれまで以上の性能です。

 「iceGUARG 5 PLUS」は、プラス戦略で誕生したヨコハマの自信作、そのベースは「iceGUARG 5」です。5の意味はスタッドレスの起点となる「GUARDEX(ガーデックス)」から5世代目、また2002年登場の「iceGUARD」中で5番目になる商品だという。

進化した最新技術

 スタッドレスの氷雪性能は抵抗を高めることが基本技術です。ただ厳密には双方で相反する性能要件と言われます。しかもこれらは低燃費には全くの逆効果。しかしながら従来品で既にその評価レベルを高め、新たになった「iceGUARD 5 PLUS」へ興味レベルが更に大きくなるのはある意味当然では。

 確認しておきたい。最新高性能化されたスタッドレスにおけるアイス性能を高める技術、そう氷上に発生する水膜除去の方法は現在2つがメインとなっています。ヨコハマ、ブリヂストン、トーヨーなどが採用するのは吸水、対してダンロップ、グッドイヤーなどは撥水です。双方特徴があり優劣は正直付け難い。

 ヨコハマの基幹技術である吸水ゴムは「iceGUARD トリプルプラス」から続き、「iceGUARD 5」でスーパー化し スーパー吸水ゴム となりました。当然ながらスーパーなので吸水性能を更に向上させています。

 そこで見出されたのがナノレベルでの材料開発技術。従来品「iceGUARD 5」は正にその評価を高めた製品です。アイス性能と低燃費性能を牽引する代表のひとつ、と言っても良いのでは。

性能向上の根拠は?

 「iceGUARD 5 PLUS」は、吸水ゴムを構成する 新マイクロ吸水バルーン、ブラックポリマーⅡ に加え、エボ吸水ホワイトゲル を新たに採用しました。これは 吸水ホワイトゲル を進化させたもの。

 ここを少し詳しく。バルーンは水膜の吸水を担います。ただ小さいバルーンの中にはさほど機能していない物もありどうしてもミクロの水膜が残る。よって新たな吸水素材が必要となります。見つけたのが 吸水ホワイトゲル だったのです。そしてこの最大30倍の大きさとなるのが今回の エボ吸水ホワイトゲル、効果は水膜吸水率を従来品比20%向上。

 20%の根拠は「iceGUARD 5」の スーパー吸水ゴム と iceGUARD 5 PLUS の進化した スーパー吸水ゴム のゴムシートをそれぞれ製作、水に15分間浸漬した後に重量を測定。浸漬前後の重量差から1平方センチメートル当りの吸水量を算出した結果だという。その数値はアイス性能の向上率が7%です。実測はトヨタ「ノア」に装着し制動速度20km/h、結果1.1mの制動距離差。

 更に氷上でのグリップ力は4年後でも高いレベルを維持するという。使用年数シミュレーションの低下割合は「iceGUARD 5」の約1/3です。「iceGUARD 5」が2年後から急激な低下を辿るのに対して「iceGUARD 5 PLUS」は3年後でも低下レベルは小さい、4年後でようやく目立つイメージです。

 これにより非降雪地域の使用も推奨する。ドライ走行に傾倒する場合でもアイス性能は高度な効きを維持、それも4年位は行ける、ということですね。

伝統の非対称パターン

 トレッドデザインは伝統の非対称パターンを継承しました。アイス性能と雪路性能は相反する性能だというから両立には非常に効果的です。IN側では接地面積確保と細かいサイプによってアイス性能を実現、OUT側では幅広な溝と高いブロック剛性によって雪路性能を高めます。当然サイプの数や位置、溝面積をどのような配置でどうやって分布させるか、適正値を見出しています。

低燃費

 スタッドレスでも近年重要視されるのが低燃費です。発熱の抑制が効果を高めることから、取り入れられるのは低燃費タイヤの技術です。今回採用されたのは 低発熱ベースゴム、トレッド下層に取り入れられ剛性を高めつつ熱対策に効果を発揮します。またサイドの たわみ を適正化することで発熱を抑え込む BluEarth のサイド形状技術も継続、転がり抵抗は従来品比7%低減を実現し、何とこれスタンダード低燃費タイヤ「ECOS ES31」と同等なのには唸る。

サイズ設定は100以上を維持!

 サイズ設定も凄い、3シーズン目でも全100サイズ以上をキープしています。それにしても「iceGUARD 5」から実質3年で進化している訳で、ヨコハマにとっては相当自信があってのことなんでしょうね。

 なお、サイズによってパターンが若干異なります。iG50A(17インチ以上で235幅以上)はセンター部分にリブ列を追加、ブロック剛性を最適化しています。その他は標準のiG50パターンとなります。

インプレッション

パタパタチキン さん
【購入年月】
2016年11月
【装着車種】
アクア
【装着サイズ】
175-65-15
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 4
  • 5
  • 5
  • 4
  • 4
【インプレッション】

岐阜県南部住みなのでドライがメインですが夏タイヤのような感覚で走ることができます。

燃費があまり落ちないのがとにかく大きいです!

先日長野県経由で越後湯沢まで行きましたが、凍結路、圧雪路ともに不安はなく安心して走ることができました。

ただし凍結路に関しては以前履いていたBSレボGZの方がほんの少しだけ食いつきが良い印象でした。

それでも燃費や磨耗耐性などを考えると十分すぎるほどの性能があると思います。

(2017/1/11)
GO さん
【購入年月】
2016年12月
【装着車種】
ウィッシュ4WD
【装着サイズ】
195/65R15
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】

4年落ちrevo2残7mmと比較して、札幌。
氷上:revo2と体感の違いは無い。滑る場所は同じように滑りました。
雪上:圧雪ではググッと良く止まります。
深雪では舵が効きにくい。マックのドライブスルーのカーブで真っ直ぐ進んで驚いた。
ドライ:明らかに転がりが良くなったのが体感できます。
ウェット:不明
寿命:新品でもセンター位置の溝が8mmのため。走行距離は短そうですね。
北海道ではブリザックと言われますが、特出した性能ではありません。滑るな~と思い最新のブリザックを買ってもやっぱり滑る場所は同じように滑ります。しかし歩くのも大変な氷の上でもよく止まるな~と思います(国産タイヤ)。私の場合約5シーズンで交換するので新品の溝が8mmというのが気になるところです。
revo2より乗り心地は良いです。良い悪いは解らないですが停車時トレッド面に雪が付着している量が多いです。

(2016/12/28)
51 さん
【購入年月】
2015年10月
【装着車種】
S2000
【装着サイズ】
F:205/55R16
R:225/50R16
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 4
  • 3
  • 5
  • 4
  • 4
【インプレッション】

VRXと悩んだ末、ほぼ同価格ではあったが2年強後出しのアイスガードにした。
発進停止に問題はない。むしろ空転することは皆無だが、大雪の駐車場から出るなどの場合や気温が高い雪の日などは期待できない。除雪が行き届いてかつ厳寒期で凍結があるような路面に向いていると思う。
交差点右折など少し距離があり、速やかに脱出しなければならない状況だと外にはらんでいく感はある。
ドライは文句なしなので気温が下がったら躊躇なく交換している。

(2016/11/9)
ナッティ さん
【購入年月】
2015年11月
【装着車種】
レガシィ アウトバック
【装着サイズ】
215 55 17
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 4
【インプレッション】

ドライ
普段パイロットスポーツ3を履いていますが、エコタイヤ並みの転がり特性があります。燃費も15%向上しました。

スノー
発進、停止とも抜群の安定感です。走行中も法定速度を守れば全く不安はありません。10度以上の坂道でも全く問題なく、アウトバックとの相性は最高だと思いました。

デメリット
サイドウォールの膨らみが気になる。空気圧は適正なのだが、仕様だとすると、盛り上がりすぎでは?

(2016/1/20)

詳細情報・購入

(2017.9更新)

ヨコハマ iceGUARD 5 PLUS のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る