タイヤの活用術(目次)

タイヤの活用術(目次)

tireimage

 タイヤはクルマのパーツの中で唯一路面と接する非常に重要なもの。しかし、皆黒くて丸いゴムの塊として、意外とその重要性は見逃されることが多いのです。

 カー用品店などではメインスペースの最も目立つ場所に陳列され、それだけで扱いの重要性がどれほど特別なものかを伺い知ることができます。

 そこで『タイヤを替えれば車も変わる!』、当サイトでは購入に関する情報を様々な観点から独自コンテンツ満載でお届けします。ここではその概要、まぁ目次を示すことで全体構成を理解して欲しい。

(2017.8更新)
【TOPICS】

【タイヤ比較】

 タイヤは国内外複数メーカーから様々な種類が発売されています。車種特性に見合うカテゴリー毎にどのようなポイントから比較検討することで、愛車にフィットする選択ができるのかを考えます。

 比較をする上でカテゴリーの理解は重要です。愛車のタイヤはどのカテゴリーにポジショニングされるのか、まずは理解すること。それぞれに特徴が備わっており、その受け入れにより選択が実行されることになります。

tirehikaku
  • タイヤ比較(選び方)
  • タイヤの役割を知ることは大変重要。製品選びに役立つ基本情報を多彩な観点から触れてみる

タイヤの知識

 新品へのメリットとは? また スリップサイン の露出は危険信号と言われるいわれるけれど何故? 空気圧不足での危険性とは? 更には新品時の慣らしは必要か、ローテーションの意義は? など重要な知識を再確認します。

 タイヤに関する様々を タイヤの知識 として独自の観点から示します。製品情報を確認したらこちらも是非理解してほしい。

minivan
  • タイヤの知識
  • タイヤの限界とは? 空気圧不足での危険性は何、新品時の慣らしは必要かなどタイヤに関する重要な知識を再確認!

【スタッドレス比較】

 最新の傾向とその選び方について絶対的ボリュームでお伝えします。近年は基本性能の高さが際立ちます。これは各メーカーが最新技術を搭載した高性能スタッドレスタイヤを投入している為です。

 環境変化を察知し、そこから発生するニーズに応えようとするメーカーの動きが、近年の高性能化へ繋がっていると考えます。基本知識を理解し、その上で製品特性を構築する 性能比較表 を確認して欲しい。

stud2
stud

スタッドレスの知識

 タイヤに関するいろいろ、取り巻く環境など理解を深めれば比較選択に幅が持てるのでは。特にスタッドレスタイヤはその意向を強く抱いています。

 ここでは様々な情報を スタッドレスタイヤの知識 として一覧表示となる専用ページを構築しました。以前あちこちに飛んでいたものをまとめたものですが、結構な情報量になっています。

stud
  • スタッドレスタイヤの知識
  • スタッドレスタイヤ、そして冬環境に対する理解も深めること重要では。いろんな危険が潜む厳しい走行条件で安心、安全を!

【チェーン比較】

 チェーンはスタッドレスタイヤと比較して装着が面倒? と考える人も多い。でも最新なら、ジャッキアップ不要で装着は簡単、乗り心地も快適です。

 チェーンは装着することで、凸凹ができ大きな摩擦となります。これが氷雪路面でグリップを得、安定した走行が可能となります。その種類は金属タイプと非金属タイプに分類できます。更には最近では布製のタイヤカバーも普及しそれぞれに特徴があります。

cha
cha

【タイヤ情報】

 タイヤのいろいろを日々紡ぐのが タイヤ情報 です。日記としてメイン補足の役割を担います。現在の形式にしたのが2016年1月、「new」となり新たな構築を実現しました。以前に比較し記事数は半減、これ意識したこと。数よりも質に拘った結果です。

 文章はヘボくて申し訳ない。中々上手にならないんです。目指すレベルあるけれど到達するにはまだ遠い。しかし拘っているのはオリジナル、真似っこではつまらないので。ヘボでも何でも拘って続けることが重要です。

info
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する最新情報を、幅広く、独自の観点からお伝えするのがタイヤ情報の役割!

【タイヤ動画】

 タイヤ動画は、あちこちにあるタイヤに関する動画を掲載します。テキストでは感じることができない、動画ならではの情報を観ることができます。

 今や動画コンテンツによる情報発信は当たり前でしょ。観ることで興味の向上は間違いないかと。問題は更新頻度が発信者(主にメーカー)に委ねられていること。メーカー間でも温度差は大きく積極性を示してくれないところもあるのが残念。

douga
  • タイヤ動画
  • タイヤの特徴を言葉で示すのは難しい。でも動画なら目で感じることが可能では。そこが狙い!

【タイヤを取り巻く現状理解】

 タイヤはどれも黒くて丸いおかげでその差が分かり難い。現状をしっかり理解しないと、どれが愛車に適しているのか一見では判断が難しいのです。

 またタイヤは高価なもの、というこれまでの概念は薄れています。新興国製(アジアンタイヤ)の台頭などが大きく影響しています。それを既定とした上で製品選びを行うのが現状のユーザー視点、と言えるのでは。

choice
▲TOPへ
▲TOPへ戻る